colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

北海道・中川町の新たな試み
ローカルベンチャースクールが開講

うちへおいでよ!
みんなでつくるエコビレッジ
vol.030|Page 1

posted:2016.11.10  from:北海道岩見沢市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  北海道にエコビレッジをつくりたい。そこにずっと住んでもいいし、ときどき遊びに来てもいい。
野菜を育ててみんなで食べ、あんまりお金を使わずに暮らす。そんな「新しい家族のカタチ」を探ります。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

熱く語らう2日間。多彩な顔ぶれの講師陣が登場

岡山県西粟倉村で〈村楽エナジー〉という会社を営む井筒耕平さんに出会ったことは、
わたしにとって大きな出来事となった。
井筒さんは、ローカルベンチャー発祥の地とされる西粟倉村で、
バイオマスエネルギー供給やゲストハウスの運営などを行っており、
仕事のかたわら各地で精力的に講演会も開催している。

今年の9月、岩見沢の山間部にある東部丘陵地域の未来を考える
トークイベントにゲストとして井筒さんは訪ねてくれた。
ここで語られた話は、自分がこれからいかに地域と関わっていくのかを考えるうえで、
多くの示唆に富むものだった。

来年わたしは、東部丘陵地域の美流渡(みると)地区に移住を計画中なのだが、
井筒さんの話を聞いたおかげで、まず何から始めたらいいのか、
その道筋が見えたように思っている(いよいよ一歩を
踏み出そうとしているところ、詳しくは連載第27回)。

井筒さんとの出会いから1か月後、彼が再び北海道へやってくることを知った。
場所は道北に位置する中川町だ。人口は約1600人。
面積の87パーセントが森林ということもあり林業が盛んで、
そのほか畑作や酪農などが主な産業となっている。

ここで井筒さんは、中川町産業振興課と連携して、
9月より〈中川町ローカルベンチャースクール〉を開講している。
全5回が予定されており、第1回目に大手シンクタンクの
丸田哲也さんによる「中川町で起業するということ」をテーマにした
講座が行われ、今回は第2回目にあたる。

わたしが住んでいる岩見沢から中川町までは、車で3時間半ほどかかるが、
新たな人々との出会いの場になるのではと考え、参加することにした。
10月22、23日の2日間で行われたスクールの講師となったのは、
井筒さんとともに、彼が代表を務める村楽エナジーから、
スタッフである妻のもめさんと奥祐斉さん。
また中川町で酪農を営む丸藤英介さんも加わり、多彩な顔ぶれとなった。

左から、村楽エナジーの井筒もめさん、奥祐斉さん、井筒耕平さん。中川町で酪農を営む丸藤英介さん。自身がいま何を考え、どんな活動に取り組んでいるのかをそれぞれが語り、トータル7時間30分におよぶ講義となった。

Tags  この記事のタグ

Recommend