colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

自分でつくって、自分で売ろう!
岩切エミさんの地域を巻き込む
手仕事プロジェクト

うちへおいでよ!
みんなでつくるエコビレッジ
vol.023|Page 1

posted:2016.7.14  from:北海道岩見沢市  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  北海道にエコビレッジをつくりたい。そこにずっと住んでもいいし、ときどき遊びに来てもいい。
野菜を育ててみんなで食べ、あんまりお金を使わずに暮らす。そんな「新しい家族のカタチ」を探ります。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

手づくりを通じて人々とのつながりをつくり出す

アクセサリーデザイナーの岩切エミさんが、わが家にやってきた!
毎年、必ず来てくれて、子どもたちと思いっきり遊んでくれるエミさんは、
笑顔を運んでくれる大切な友人だ。

エミさんとの出会いは10年ほど前、
私が東京で『みづゑ』誌の編集長をしていた頃に取材をしたのがきっかけ。
以来、家族ぐるみでおつきあいをさせてもらっている。
彼女は、デザインしたアクセサリーを全国のショップやギャラリーなどで
販売する活動をしていて、私が岩見沢に移住してからも
北海道のイベントに参加する折りに会う機会をつくってくれるのだ。

岩切エミさん。1996年からアクセサリーやファッションのブランド〈car*g*mom〉を展開するかたわら、NHKの番組『すてきにハンドメイド』などにも出演。かぎ針編みのアイデアがつまった書籍なども刊行。手仕事の大切さ、手づくりの楽しさを伝える活動を続けている。

今夏も、エミさんがわが家を訪ねてくれることになったので、
ぜひどこかでイベントを開催したいと考えていた。
2年前にエミさんのアクセサリーづくりワークショップを
岩見沢の市街地で開催したことがあるが、
今回は、いま私が空き家を改装してゲストハウスのような場所づくりを計画中の
岩見沢の山間部・美流渡(みると)地区で開催したいと考えていた。

ちょうどタイミングよく、先月、美流渡で
〈東部丘陵地域(美流渡を含む岩見沢の山間部の地域のこと)未来会議〉として、
イギリスのエコビレッジとトランジッション・タウンを視察してきた、
岩見沢在住の林睦子さんの報告会(前回連載参照)を開催したこともあり、
美流渡の友人たちと相談して、この会議の第2弾として、
エミさんのイベントを企画してみようということになった。
イベントは2部構成にし、午前中は手づくりの楽しさを伝える親子ワークショップ。
午後は、エミさんのこれまでの活動を振り返るトークと
参加者による意見交換を行うことにした。

7月3日、イベント当日。
午前中に行ったのは、子どもにエコバッグに絵を描いてもらい、
そこに親が刺繡を加え完成させるというワークショップだ。
2〜8歳くらいまでの子どもたちが集まり、サインペンで思い思いの絵を描いていった。
「子どもの絵を消さないように、ポイントポイントに
刺繡やスパンコールをつけていくといいですよ」
そんなエミさんのアドバイスを聞きながら、お母さんやお父さんたちは、
机いっぱいに並んでいる材料から好きなものを選んで、チクチク針仕事をしていった。

エミさんが作例としてつくってくれたバッグ。わが家の2歳の娘と5歳の息子が絵を描き、そこに刺繡をしてくれた。

まだ形が描けない2歳児の線に合わせて刺繡をするだけでも、見違えるようにかわいいバッグに!

黒1色のサインペンで描かれた絵も、刺繡を入れていくと、
なんとも愛らしいデザインに変身!
玉止めした糸をあえて外に出すなどラフさがちょうどいいバッグができあがった。
「私は自分で何かをつくることも好きだけれど、ものづくりのきっかけをつくって、
みんなでその楽しさを共有したいと思っているの」
できあがったバッグを見て、エミさんもうれしそうな表情でそう話してくれた。

子どもたちも真剣。黒いサインペンだけでなく、色つきのペンで思い思いの絵を描く。

最近エミさんは、自身の肩書きを「クラフトコミュニケーター」という、
自身で考えた造語に変えようかと思っているという。
作家としてものづくりをするだけでなく、手仕事を通じて人と人とをつないでいく、
そんな役割を担っていきたいのだそうだ。

子どもたちののびのびした線。「これを消さないように刺繡やスパンコールをつけてみては?」とエミさん。

完成! それぞれの個性が光るバッグができあがった。

Recommend