colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈灘五郷〉の地酒を味わう、
御影市場の立ち呑み屋〈銀狐〉

CLASS KOBE - CLASSな神戸の物語 -
vol.008

posted:2016.3.8  from:兵庫県神戸市  genre:暮らしと移住 / 旅行

sponsored

〈 この連載・企画は… 〉  旅するように暮らす、暮らすように旅する。それができるのが神戸の魅力。
ブックレット『CLASS KOBE』で紹介した場所、そして、オリジナル記事も加えた、
神戸の暮らしを訪ねたくなるコロカルの神戸案内です。

writer profile

Noriko Tamura

田村のりこ

たむら・のりこ●フリーライター。旅行会社のグループ会社で販促物の制作・コピーライティングを担当、その後フリーライターに。旅行ガイドブックや雑誌、WEBサイトなどを中心に活動中。NY・ハーレム、ニューオリンズ、空港、音楽、映画好き。海外から運ばれてくるおみやげ、異国のにおいがココロの栄養&日常の中に旅気分を探しだすことが日々の楽しみ。

credit

撮影:松浦光洋
Supported by 神戸市

地元のお酒と和洋の料理を楽しむ

御影市場〈旨水館〉の中にある立ち呑み屋〈銀狐(ぎんぎつね)〉。
〈灘五郷(なだごごう)〉とは、神戸市東灘区、灘区、西宮市を合わせた日本酒の郷。
「地元のお酒をもっと知ってほしい」と店を立ち上げた寺島信子さんが選んだのは、
灘五郷のなかでもさらに地元、御影郷・魚崎郷を中心とした酒蔵でした。

「灘五郷の酒は辛口だけどコクと旨みがあっておいしいんです」と寺島さん。
この地域の酒は「男酒」と呼ばれるどっしりとした味が特長だそうです。
日本酒は仕込みに時間をかけたものやスパークリングタイプまであり、
灘五郷の酒の奥深さをあれこれと楽しんでいたら、
あっという間に時間がたってしまいますね。
ちなみに季節によってはしぼりたての生酒や
8年寝かせて旨みを増した古酒などの秘蔵酒が、酒好きを唸らせているそうですよ。

まずは“生一本”の飲み比べから始めましょうか。

ところで。うまい酒にはおいしい料理がつきもの。
ここには、和食料理人とフレンチを得意とする洋食のシェフがいて、
鮮魚や旬の野菜などを使った料理を小気味よく出してくれます。
造りとおまかせ2品に酒がついた「寄り道ワンコインセット」で、
ぶらりと立ち寄って、ちょっと一杯を叶える男性客や、
昼網鮮魚の和洋食とともに“酒と料理のマリアージュ”を楽しむ
女性ひとり客が多いのもうなずけます。
楽しめる裾野の広さも懐の深さもとびきり、それが神戸のお酒なのです。

各酒蔵が手塩にかけて造り出す酒はどれも個性的。鯛と生ハムのカルパッチョ490円から「寄り道ワンコインセット」500円(平日16:30~18:00、日曜15:00~16:30限定)まで料理が豊富なのもうれしい。

〈銀狐〉という名は御影市場にあるお稲荷さんから。すぐ近所には神功皇后ゆかりの湧き水〈沢の井〉もあり、豊穣の神様と水の伝説に見守られながら今日も店は人で賑わいます。

information

map

御影旨水館 立呑み処 
銀狐(ぎんぎつね)

住所:兵庫県神戸市東灘区御影本町4-12-17(御影市場 旨水館内)

TEL:078-855-7727

営業時間:16:30~23:30(LO 23:00)、日曜15:00~22:00(LO 21:30)

定休日:なし

Recommend