colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

贅沢にキャンプを楽しむ
“グランピング”の聖地
淡路島〈FBI Awaji〉

CLASS KOBE - CLASSな神戸の物語 -
vol.006

posted:2016.3.6  from:兵庫県洲本市  genre:暮らしと移住 / 旅行

sponsored

〈 この連載・企画は… 〉  旅するように暮らす、暮らすように旅する。それができるのが神戸の魅力。
ブックレット『CLASS KOBE』で紹介した場所、そして、オリジナル記事も加えた、
神戸の暮らしを訪ねたくなるコロカルの神戸案内です。

credit

文:橋本勲(glass)
Supported by 神戸市

日本屈指のグランピング・アイランド、淡路島で楽しむ滞在

“グランピング”という言葉がいま、情報に敏感な人たちの胸を騒がせています。
2015年くらいからテレビや雑誌で見聞きするグランピング、
グラマラスなキャンピングという意味のスタイルなのですが、
実は神戸では、真新しい言葉ではありません。

神戸に最も近いリゾートと呼ばれる淡路島の北西部、五色にある〈FBI Awaji〉は、
グランピングを楽しむ人=グランパーに“聖地”とされているフィールドです。
ここでは砂地、ビーチフロント、海を見下ろす高台と、
自然そのままに数タイプ用意された場所を選び、自由に楽しむのが流儀。
インテリアつきのテント、アーティスティックなロッジもあるので、
もちろん道具を持っていなくても、世界観が十分に満喫できます。

カフェ&バーにはソファ、ハンモックなど誰もが思い思いに、どれだけでも過ごせる場所が用意されています。限られた時間の中でも自在に楽しめる空間は、自然に抱かれた最上のリビングと言えます。

瀬戸内の穏やかさに身を委ねたいなら、レセプション併設のカフェ&バーで
最高のロケーションを眺めるデッキチェアに腰を下ろし、波の音を聞きましょう。
たったこれだけで、日常から一気に解放されるのです。
ゆるりとした時の流れで心身をリセットする、
淡路島の極上グランピングがここにはあります。

会話を楽しむなら、バーへ足を運べばOK。こんなスタイルを気どらずに楽しめるのも、グランピングの魅力です。

information

map

FBI Awaji 

住所:兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359

TEL:0799-34-0900(2016年の営業は4月23日から)

www.fbi-camping.com

Recommend