colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

MIO TABLE
日本の美しいグラスと
スパークリング清酒でおもてなし
東京・下町のグラスと渋谷生まれの
チーズでおとな女子会

宝酒造 × colocal
和酒を楽しもうプロジェクト
vol.001(Season2)|Page 1

posted:2016.9.15  from:東京都台東区・渋谷区  genre:食・グルメ

sponsored by 宝酒造

〈 この連載・企画は… 〉  「和酒を楽しもうプロジェクト」もシーズン2へ。
和酒のイメージを一新し、誰かと幸せをシェアしたくなるような“おいしい食卓”を
コロカルらしいアレンジを加えた「MIO Table」としてご紹介します。

和酒の楽しさを誰かとシェアしたくなる食卓。
それがコロカルの思う「MIO Table」です。
パーティというほど大げさではないけれど
お気に入りのグラスや食器を選び、日本各地の素材にこだわり、
シンプルでも気持ちが華やぐようなおつまみを用意。
相方は誰もが飲みやすい泡の和酒
スパークリング清酒〈澪〉をよく冷やしておきましょう。
グラスもメイドインジャパンのフルート型で。
それが「MIO Table」のこだわりのひとつです。

今回のテーマは「おとな女子会」。
まだまだ残暑が厳しいきょうこの頃ですが
フレッシュチーズやトマトをたっぷり使ったおつまみと、
女同士の気兼ねのないおしゃべりで
溜まった夏の疲れを解消しようという趣旨の食卓です。

そのテーマに合わせて選んだ日本のグラスは
美しいフォルムと艶やかな白のステムが印象的ですが
この「白」が実はポイントなのです。

すばらしい職人技に新たな価値をプラス

このグラスをプロデュースしたのは
東京・台東区にある硝子食器問屋、木本硝子社長の木本誠一さん。
開口一番こう聞かれました。
「日本一のガラス産地ってどこだと思います?」
正解はなんと東京なのだとか。
東京のガラスは江戸末期からの伝統を持ち
特に江戸切子の卓越した職人技は下町の町工場で脈々と受け継がれてきました。
その技術を絶やしてはいけない。
現場の若い人たちのモチベーションを高めるためにも
まったく新しい発想で世界に打って出なければ。
その一念で木本さんは10年前から大きく方向転換。
伝統の技にデザイナーの斬新な発想をプラスした
いまのライフスタイルに合う江戸切子をプロデュースすることに。
世界初の、漆黒の江戸切子〈KUROCO〉は、
ニューヨークのセレクトショップなどで高く評価。
日本より先に海外で話題になったそうです。
黒と白を美しく発色させるのは技術的には非常に難しく、
「白」の江戸切子はいまだテスト段階だとか。
そう聞くと、この白のステムはとても貴重なのがわかります。

今回選んだシャンパングラスは、モノトーンのグラスでウィークエンドを
とびきりお洒落に過ごしてほしいというコンセプトでつくったもの。
初めて外部のクリエイターとコラボした
木本さんにとっても思い出深いシリーズだそうです。
このフルート型もひとつひとつ「型吹き」という技法でつくり
特にステム部分との接着部分は職人技の見せどころ。
「クオリティの高さなら日本製。それが海外での常識なので、
実際に使っていただき、それを多くの人に感じてほしいです」
“Made in Tokyo”を謳うこのグラスには
木本さんの使命感や職人さんへのリスペクトなど
さまざまな思いが込められているのですね。

「白」のグラスは主張し過ぎないのに確かな存在感。どんなスタイリングにも自然と溶け込みます。食卓のアクセントカラーにした〈澪〉ブルーともしっくり。ノスタルジックな白×青の組み合わせで、去り行く夏をどこか惜しむ季節の「おとな女子会」を表現しています。

人数分の取り皿や、キャンドル、お花、紙ナプキンも用意して、あとは来客のタイミングでブルスケッタを熱々に焼き上げるだけ。「MIO Table」の準備が整いました。

●きょうのMIOグラス

木本硝子 KIKI 8Days style+ フルート白 3500円

住所:東京都台東区小島2-18-17

電話:03-3851-9668

http://kimotoglass.tokyo/

Recommend