colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

身も心も、ほぐれるおいしさ!
江戸の風情を感じるまちで味わう
絶品の〈ねこまんま焼きおにぎり〉

NIPPON 47 Beer Spots&Scene!
全国、心地いいビールスポット
vol.029

posted:2016.7.23  from:埼玉県川越市  genre:食・グルメ

sponsored

〈 この連載・企画は… 〉  その土地ならではの風土や気質、食文化など、地域の魅力を生かし
地元の人たちと一緒につくった特別なビール〈47都道府県の一番搾り〉。
コロカルでは、そのビールをおいしく飲める47都道府県のスポットをリサーチしました。
ビールを片手に、しあわせな時間! さあ、ビールのある旅はいかがですか?

writer profile

Miki Hayashi

林みき

はやし・みき●フリーランスのライター/エディター。東京都生まれ、幼年期をアメリカで過ごす。女性向けファッション・カルチャー誌の編集を創刊から7年間手がけた後、フリーランスに。生粋の食いしん坊のせいか、飲料メーカーや食に関連した仕事を受けることが多い。『コロカル商店』では主に甘いものを担当。

photographer profile

Kazue Kawase

川瀬一絵

かわせ・かずえ●島根県出雲市生まれ。2007年より池田晶紀が主宰する写真事務所〈ゆかい〉に所属。作品制作を軸に、書籍、雑誌、Webなど各種メディアで撮影を行っている。
http://yukaistudio.com/

credit

Supported by KIRIN

47都道府県、各地のビールスポットを訪ねます。
埼玉でコロカルが向かったのは、ノスタルジックな蔵づくりのまち並みが残る
〈小江戸 川越〉。

海の幸を6代にわたり川越へ届け続ける〈中市本店〉

30数棟の蔵づくりが軒を連ねる川越一番街。
江戸の景観を受け継ぐそのまち並みは、
国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されています。
そんな趣き豊かな一番街でコロカルが訪れたのは、江戸末期の1867年の創業以来、
6代にわたって一番街に店舗を構えている〈中市本店〉。
かつおぶしを中心に、昆布や煮干などの海産物や乾物を取り扱うお店です。

文化財指定もされている〈中市本店〉の外観。立派な蔵づくりです。

創業当時は鮮魚屋として、生の魚を取り扱っていた中市本店。
「海のない埼玉で鮮魚?」と不思議に思う人もいるかもしれませんが、
当時は新河岸川の水運を利用して、海からの品物を仕入れていたのだそう。

「でも太平洋戦争をはさんで、乾物を取り扱うようになったんですよ」
と話してくれたのは、6代目の落合康信さん。
「この辺りも戦時はだいぶ混乱していたようで、
川の水運で魚を運ぶことができなくなってしまったらしくて。
そんななか、海のものを取り扱うことは変えずに、手に入るもので商売を続けようとした
3代目と4代目の知恵によるものだったと思います」

〈中市本店〉6代目の落合康信さん。川越一番街商店街組合の理事長も務めています。

落合さんが子どもの頃は、卸売りを専門にしていた時代もあったという中市本店。
しかし落合さんの代となる少し前、大河ドラマ『春日局』が
放送されたことをきっかけに変化が訪れます。
「このドラマで川越が注目されて、地元以外のお客さんも来るようになって。
そこで『卸だけじゃもったいないから、小売りも再開しようか?』となったんです」

取り扱われているかつおぶしは、鹿児島県枕崎産のものが中心。

そんな中市本店の店頭に並ぶ商品のなかには、かつおをスモークした燻製鰹や、
いわしの削りぶしなど、量販店では見かけない珍しいものも。
「商品を取り扱うかどうかを決めるときに基準にするのは、
やっぱり味がおいしいことと価格。
初代からの教えである『いいものを、お求めやすいお値段で』を守っています」

鹿児島県枕崎産のかつおを燻製した〈新さつま節〉。かつおぶしとは違う、しっとりとした食感を楽しめる人気の逸品。ピーラーやナイフで簡単に削れて、だしに使うのはもちろん、ジャーキー感覚でビールのおつまみにするのもおすすめ。

「3つ目に重要視しているのが、うちに来ないと手に入らない商品を置くことです。
うちは小さいお店なので、量や種類でいったら
ホームセンターやスーパーといった量販店には絶対に勝てない。
そこで、こだわりのあるおいしくていいもの、
珍しいものを探して仕入れるようにしているんですよ。
製造元とのつきあいも長いことあり、いろいろと融通を利かせてくださっていて。
いいものがあると、すぐ教えてもらえるので本当に助かっています」

次のページ
かつおぶしの本当のおいしさを伝える、焼きおにぎり

Page 2

かつおぶしの本当のおいしさを伝える、焼きおにぎり

基本的には地元のお客さんが多いという中市本店ですが、
観光で川越を訪れるのは若い人が多いのだそう。
そんな人たちにも、削りたてのかつおぶしのおいしさを知ってもらおうと
店頭での販売を始めたのが、いまやお店の看板商品となった
〈ねこまんま焼きおにぎり〉。

「かつおぶしには本枯節と荒節があることが、特に若い方には知られていなくて。
本枯節と荒節では、香りや味わいが全然違うことをどうアピールするかを考えたとき、
実際に食べてもらうのがいいと思ったんです」と落合さん。

〈ねこまんま焼きおにぎり〉に使用される削り節などは、店頭でも販売。

こちらは自家製だし醤油の材料となる3品。醤油は220年の歴史を持ち、同じ一番街商店街に店舗を構える埼玉の老舗〈笛木醤油〉のものを使用。

「あと我が家には昔からずっと使っている、
かつおぶしでだしをとった自家製のだし醤油があって。
おいしいし、かつおぶしのおいしさがわかるので、
このだし醤油は使いたいなと考えたとき『焼きおにぎりがいいかな?』と思ったんです。
おにぎりとかつおぶしはすごく合うし、手軽に食べられる。
だし醤油とかつおぶしで、ほかのお店にはないものをつくれることもあり、
販売を始めました」

埼玉県産コシヒカリに、かつおだし粉を炊き込んだ、ねこまんま焼きおにぎり用のご飯。「炊飯器は一升炊きのものを3台と業務用のを1台、計4台使っています。土日になるとフル回転で炊いています」と落合さん。

落合さんの奥さまがおにぎりの準備をしているあいだ、5代目の正義さんは炭火の火おこしを。準備完了! 時刻は12時。いよいよ販売開始です!

かつおだし粉を炊き込んだ白米でつくったおにぎりを、
炭火でじっくりと焼き上げる、ねこまんま焼きおにぎり。
側面までパリッと焼き上げてからだし醤油が塗られるのですが、
この瞬間に立ち上るのが、食欲をそそる香ばしい香り。
日本人なら誰もが抗えないであろうこのおいしそうな香りに、
つい足を止めてしまう人が続出していました。

お客さんの目の前で、炭火でじっくりと焼き上げられていくおにぎりたち。

はけでだし醤油が塗られ「ジュワ~ッ、パチパチッ!」という音とともに立ち上る香ばしい香り。いつまでも眺めていたい、幸せの光景。

だし醤油の焦げ目がついたら網から外し、
ふわふわの削り節をたっぷりとまぶして、ねこまんま焼きおにぎりの完成!
「かつおぶしを上からまぶすっていうのがほかにあまりないからか、
メディアで取り上げられまして。そこから口コミがだんだん広がり、
販売を始めた頃は1日50個売れるか売れないかくらいだったのが、
いまでは土日だと400~500個くらい売れるようになりました。
ここまで反応があるとは思っていませんでしたし、
何せうちは家族3人でやっているので、
てんてこ舞いになっちゃうこともあります(笑)」

おいしそうな香りに誘われて、次々とやってくるお客さんたち。

仕上げにふわふわの削り節を、たっぷりとまぶして完成! ねこまんま焼きおにぎりは、ひとつ220円。お値段以上のおいしさがつまっています。

次のページ
まぶされる削り節は2種類

Page 3

まぶされる削り節は2種類あり、本枯節の〈かつお節〉と、
にぼしの削り節である〈いわし節〉のどちらかを選べるスタイル。
「いわし節は静岡の由比でつくられている珍しいもの。
いわしのにぼしはクセのある印象が強いですが、
これは頭とハラワタをきれいに取ってから削られているので、
くさみや苦味がないんですよ。
なかなか味のイメージが沸かないと思いますが、
リピート率はいわし節のほうが高いですね。
あと焼きおにぎりに使っている削り節を買って帰るお客さんも多くて。
その点では、うまくお店と連動できましたね」

落合さんご夫婦。ふたりが着ているシャツも、お店のオリジナル商品。

右がいわし節、左がかつお節をまぶしたもの。色合いからして、まったく違うのです。

中市本店の店内にはイートインスペースも設けられていますが、
一番街のあちこちには休憩所など、まち巡り中にひと休みできる場所があります。
せっかくなので、まち並みを眺めつつ味わおうと、
熱々の焼きおにぎりを手にお店を後にしました。

観光所の近くにあった広場にて乾杯。せっかくなのでお皿にうつし、商店街で買った漬け物も添えてみました。

広場のベンチに腰をおろして焼きおにぎりをひと口頬張ると、
口いっぱいに広がる削り節の旨み。
力強いかつお節の風味とご飯の黄金コンビのおいしさと、
いわし節の潮を感じさせる上品な味わいは、
思わず「日本に生まれてよかった……」と、つぶやきそうになるほど。

ほどよい塩気の焼きおにぎり。雑味のない上質なビールの味わいが、削り節の旨みを引き立てます。

ひと口食べるたびに、滋味が体にしみわたるのが感じられ、
食べ終える頃には心も体もほどよくゆるんだリラックス状態に。
目に映る小江戸の風景も相まって、都会にいるときよりも
時がゆったりと流れているように感じられました。

都心から、ちょっと離れるだけで体験できる、ゆるやかな時の流れ。
めまぐるしい日々や都会の喧噪から少しだけ逃げ出したくなったとき、
ふらりと川越を訪れてみてはいかがでしょう? 
やわらいだ心地で飲むビールも、
いつもと少し違う味わいや楽しさをもたらしてくれるはずですよ。

今回飲んだのは、
地元の人と一緒につくった
〈キリン一番搾り 埼玉づくり〉

「穏やかで、バランス感覚がある」と言われる埼玉の人。そんな地元の人と地元のことを語り合ってつくられたのが、この〈キリン一番搾り 埼玉づくり〉です。パッケージのイメージカラーは、赤。さて、その味わいは……。

キリン一番搾り 埼玉づくりってどんなビール? →

※一番搾り 埼玉づくりは、埼玉の誇りを込めてつくった、埼玉だけの味わいです。

問合せ/キリンビール お客様相談室 TEL 0120-111-560(9:00~17:00土日祝除く) 
ストップ!未成年者飲酒・飲酒運転。

information

map

中市本店

住所:埼玉県川越市幸町5-2

TEL:049-222-0126

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日

http://www.nakaichi-h.com/