colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

北海道民にとっては夏の定番、
〈配達ジンギスカン〉って?

NIPPON 47 Beer Spots&Scene!
全国、心地いいビールスポット
vol.002|Page 1

posted:2016.4.29  from:北海道帯広市  genre:食・グルメ

sponsored

〈 この連載・企画は… 〉  その土地ならではの風土や気質、食文化など、地域の魅力を生かし
地元の人たちと一緒につくった特別なビール〈47都道府県の一番搾り〉。
コロカルでは、そのビールをおいしく飲める47都道府県のスポットをリサーチしました。
ビールを片手に、しあわせな時間! さあ、ビールのある旅はいかがですか?

Team Yum Yum

チームヤムヤム
(山本学・山本えり奈)

旅をしながら十勝に暮らす編集デザインチーム。あいうえお表やカレンダー、すごろくやイラストマップなど、日々の楽しみをデザインする作品をつくっています。『ヤムヤム旅新聞』にて、旅やローカルな魅力を発信中。
http://www.tyy.co.jp

photographer profile

Naoki Wagatsuma

我妻直樹

フォトグラファー。 北海道根室市生まれ。札幌の広告写真を6年経験したのち、十勝へ移住しフリーランスへ。 広告写真の他にも映像制作やイメージコンサルティングなども行う。

credit

Supported by KIRIN

47都道府県、各地のビールスポットを訪ねます。
北海道でコロカルが出会ったのは、配達ジンギスカン。

電話1本で、手軽に楽しめる外焼肉

道民にとって夏の定番と言えば〈配達ジンギスカン〉。
なんと、お肉屋さんが、住宅街の小さな公園から自宅の庭先まで、
指定された場所ならどこへでもジンギスカンを届けてくれるのです。
焼き台や炭などの道具一式を無料で貸し出してくれて、
さらには火起こしから終わった後の回収まで、すべて行ってくれるというから驚きです。
グループでの焼肉はもちろん、町内会のお祭りや、高校の学園祭まで、
地域のさまざまなイベントでも利用されています。

気の合う仲間同士、はじめましての友だちも一緒に、わいわい楽しめるのがジンギスカン。

配達ジンギスカンは、昭和30年代に滝川市にある
〈松尾ジンギスカン〉が最初に始めたと言われています。
公園でお花見をしていた人たちに七輪を貸し、ジンギスカンを売り歩いたら、
それが評判を呼ぶようになったとか。
いまでは北海道全域で定番となっていて、
道民ならではのカルチャーとして根づいています。
地元の人たちはそれぞれお気に入りのお店があったりするのですが、
子どもの頃からその味で育った、近所の肉屋さんの味が一番という声も多いようです。

今回、注文したのは、北海道でも特に外焼肉が盛んな十勝地方・帯広市にある
まちの肉屋さん〈かんの精肉店〉。

創業以来変わらないおいしさとサービス

昭和40年の創業以来、〈かんの精肉店〉は、帯広市民に愛されるまちの精肉店。
現在の店主、2代目の菅野広見さんは料理人の経験を持ち、
寿司屋や和食店で培った感覚を大事にしながら、
食材の下処理や切り方、下ごしらえなど、丁寧な作業を心がけています。

かんの精肉店が〈配達ジンギスカン〉をするようになったのは、40年ほど前のこと。
「帯広では個人向けにうちの店が一番最初にやったんだって、
おやじがよく話していました」と菅野さん。

十勝のジンギスカンは、タレを絡めて味つきで袋に入っているものが主流。
同店のジンギスカンも、ファンが多い看板商品です。
その人気の秘密は、創業当時から変わらない秘伝のタレにあります。
青森県産ふじりんごや、高知県産のショウガなどの厳選した素材を使用。
ショウガの皮をたわしでひとつずつ丁寧に洗うなど、
タレをつくる専門の職人さんがひとつひとつ手作業で行うため、
一度に大量にはつくれません。
夏のオンシーズンには1日で使いきってしまうので、毎日タレを仕込むそうです。

ほかの肉屋さんが取らないような細かいスジまで取ってあったりと、食材に丁寧に向き合う姿勢には定評があります。

ほかにも、十勝産のお肉の販売に力を入れているという菅野さん。
お店では〈十勝和牛〉〈ナイタイ和牛〉〈豊西牛〉〈十勝野ポーク〉といった、
ブランド肉のさまざまな部位を購入することができます。
「十勝でもおいしいお肉をつくっているのに、
そうしたお肉は十勝の外に流通することがほとんどで、
地元の人たちが実はあまり食べていないんです。
もっと地元のお肉を食べてもらいたいと思っています」

かんの精肉店2代目・菅野広見さん。先代のジンギスカンの味を守りながら、十勝産のお肉を多数取り揃えるといった新しい試みも。

配達ジンギスカンを注文すると、さまざまなお肉をセットにできます。
今回お願いしたのは、おすすめの15000円(おおよそ10人前)おまかせコース。
ジンギスカンに加え、牛サガリ、こにく、ホルモンがセットになっています。
牛や豚も楽しめるのは、専門店ならではの豊富な品揃えがあってこそ。
配達は、基本は帯広市内。あとは注文金額との相談となります。

店の前で配達準備。軽トラで届けてくれます。一度に300人分(!)もの注文を受けたこともあったそう。生ビールサーバーも一緒に注文することもできるそうです。

夏のシーズンには、配達の予約が次々と入ります。
多い日には、1日10件以上の配達に市内を走り回ることも。
焼き台をセットして火起こしをして、
終わり次第すぐに次の配達場所へ向かうという忙しさ。
グループでの注文が多いので、30人前のお肉を届けるなんていうことも
ざらにあるとか。それでもこの配達ジンギスカンを続けるのは、
お客さんにお肉をもっと食べてもらい、外焼肉を楽しんでもらいたいという、
お肉屋さんの心意気あってのサービスなのです。