colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

地域とともにカタチづくられる。〈さんごさん〉の現在の姿

福江島の小さな図書館〈さんごさん〉
vol.004|Page 1

posted:2017.2.28  from:長崎県五島市  genre:暮らしと移住 / 旅行

〈 この連載・企画は… 〉  長崎の五島列島で一番大きな島、福江島。
ここに小さな私設図書館〈さんごさん〉がオープンしました。
島内外の人々が連携してつくった〈さんごさん〉はちょっと変わった図書館。
企画や設計、運営に携わるスタッフによるリレー形式の連載です。

editor's profile

Kenta Oshima

大島健太

おおしまけんた⚫︎1981年神奈川生まれ。 多摩美術大学大学院情報デザイン領域修了後、神奈川県内の高校や都内の美術予備校で講師を務めたのち、約2年前に衝動的に仕事を辞めて無職になる。無職になってからはフィリピンに語学留学をしたり、アメリカやメキシコ、ロシア、ヨーロッパ諸国を旅しつつ、昨年の9月からさんごさんの館長として福江島で暮らし始める。いつまで五島で暮らすのかは未定。

前回までのダイジェスト・・・
2016年8月、長崎県五島列島の福江島に民間の図書館〈さんごさん〉が誕生!
連載第1回では、このさんごさんのオーナー夫妻の鳥巣智行さん、大来 優さんが
なぜさんごさんを始めたのか? ということを話してくれました。
第2回は、“福江島(五島市)のキーパーソン”こと有川智子さんに、
地域目線でさんごさんについて語っていただきました。
第3回は、さんごさんの建築を担当した、能作淳平さんが、
古民家改装について話しました。
今回から3回にわたって、さんごさん館長の大島健太さんが登場。
さんごさんと大島さんを巡る「いま」「むかし」「これから」について語ります。

はじめまして。さんごさん館長の大島です。

昨年の9月から館長として現地の運営をしています。
もともとは神奈川県の出身です。
美術大学を卒業していることもあって、
2年前までは東京都内の美大受験専門の予備校や、
神奈川県の高校で美術科の講師をしていました。
それがひょんなことから、いま、長崎県五島市富江のさんごさんで暮らしています。

生まれてから約35年、ずっと関東地方で暮らしてきました。
アートやファッションといった文化的なものが好きだったので、
東京を離れる理由がなかったのです。

そもそも、離島暮らしや地方移住にまったく興味がなく、
キャンプや登山といったアウトドアの趣味もなく、虫も触れませんし、
離島暮らしにはかかせない車もペーパードライバーでした。
もちろん、さんごさんの館長として福江島を訪れるまで、
五島列島の場所さえ知りませんでした。

そんな五島列島に縁もゆかりもなく、
とつぜん島でさんごさんの館長として暮らし始めることになった私が、
これから3回にわたり、
さんごさんと私を巡る「いま」「むかし」「これから」について書いていきます。

今回はみなさんに、この約半年の間に私が経験したことを振り返りながら、
さんごさんの「いま」の姿をお伝えしたいと思います。

さんごさんの日常

さんごさんは平常、午前11時にオープンして、午後6時にクローズします。
といっても、さんごさんは入館料をいただいたり、
食べものや飲みものの提供をしているわけではないので、
私がやることは看板の出し入れと、扉の鍵の開閉くらいです。

鳴り物入りでオープンしたさんごさんなので、
完成した当初は見学をするお客さんが途切れることなく訪れていましたが、
最近はだいぶ落ち着いてきました。

そのかわり、いまでは平日の放課後になると、地元の小学生たちが訪れて、
さんごさんで遊んだり、宿題をしたりするようになりました。

この小学生たちがいまのところ一番のお得意さんです。
みんなとても元気がいいのですが、
なにかの拍子に怪我をしないか心配なのと、
勢い余って施設を汚したり壊す可能性があるので、
館長としては子どもたちが来るとけっこう神経を使います(笑)。

子どもたちは2階の小部屋が大好き。大人の目から逃れておやつを食べたり(本当はダメ)、ゲームをしたり、おしゃべりしたり。

さんごさんに遊びに来る小学生たちが館長私物のカメラで撮影した写真。「LOVE」のポーズを考えたのも、シャッターを切ったのも、小学生たち自身。

彼らは純粋に本を読むという目的で訪れているわけではありませんが、
数年経って中学生や高校生なったとき、
さんごさんに置いてある本のことをちょっと思い出して
手に取ってくれたらいいな、と思っています。

お客さんがいないときはすべて自由時間、というわけではありません。

さんごさんでは、月2〜3回くらいのペースで
ワークショップやイベントを開催しています。
そのため、お客さんがいない時間は主催者との打ち合わせや、
メールのやりとりをしていることが多いです。

ワークショップを開催するにあたって必要な道具の準備、
近所に貼るためのチラシの制作と配布、FacebookやInstagramといった
SNSを利用した告知もお手伝いしているので、
イベントが重なるときは意外と忙しい印象です。

また、オーナーの鳥巣智行さんと大来優さんが東京にいるため、
運営方針で食い違いが起こらないよう、
こまめにメールやスカイプで情報の共有をするようにしています。
こちらに来る前は「島で何もせずにのんびり暮らせるぞ!」
などと考えていたのですが、目論見が外れました(笑)。

一番の仕事は「興味を持つこと」

現地の方々にお祭りや食事に誘われたらなるべく顔を出すようにしています。
自分が興味を持っていろいろな場所に足を運ぶと、
今度はその場所で出会った人がさんごさんに興味を持ってくれるからです。

こちらで暮らし始めてから、
館長として本当に数々のイベントにお誘いいただきました。

例えば、秋には人生で初めての稲刈りと、お神輿担ぎを経験しました。
年末にはおよそ30年ぶりにお餅をつくことができました。
都会では考えられないくらい、イベントづくしです。

こういった場所で挨拶した人と、
またすぐ別の場所でひょっこり会って話が弾むことが多いのが
島暮らしの特徴ですね。
さんごさんの存在を知ってもらうためには、地域行事への参加は欠かせません。

田尾地区で行われた稲刈りの様子。参加者には若い世代の移住者も多い。

毎年10月に行われる富江神社のお祭り。朝から日が暮れるまで3日間にわたりお神輿を担いで町内を巡る。少し歩くごとに立ち止まり、左右に大きく揺さぶるので1時間に約180メートルしか進まない。

お祭りには地域の子どもたちも参加する。小中学生たちは髪の毛を染めたりお化粧をしたりして、ちょっと大人っぽくなる。

稲刈りと同じく、12月に田尾地区で行われた餅つき。移住してきた若い世代と、昔からこの地域に住んでいるお年寄りたちが交流する絶好の機会となった。

さんごさんがある富江の商店街から車で10分程度走ったところに
丸子という地区があります。

その地域のお祭りは住民の方から
Facebook経由で「来てみてください」というメッセージをいただいたご縁で
なんとなく訪れてみたのですが、とても印象に残るお祭りでした。

お神輿を担いだまま海に入っていくんです。
海の前に鳥居があるところや、丸い小石の海岸が神秘的な雰囲気で、
すっかり虜になってしまいました。
いまでは私の定番ジョギングコースとなっています。

富江の丸子地区にある保尾神社のお祭り。お神輿を担いだまま海に入っていく。小石の浜辺の入り口には鳥居があり、周囲には神聖な雰囲気が漂う。

意外とこの「なんとなく」の気持ちが、
地域の魅力を発見するのに大切なことなのかなぁ、と感じる時があります。
ですので、この丸子のお祭りに「なんとなく」訪れて感動して以来、
誘われたらとりあえず行ってみて、
自分の目で見てみることを心がけています。

富江には〈ごはん屋〉さんという定食屋があります。
近藤淳子さんと三浦久美子さん、ふたりのおかみさんが切り盛りしています。
地元の食材を中心に、素材を生かしたやさしい味付けが評判のお店です。

最初はただお昼ごはんを食べに行くだけだったのが、
お店で使う麦みその仕込み現場を
見学させていただいたことがきっかけで仲良くなり、
いまでは島のいろいろなところを案内してくれるようになりました。

〈ごはん屋〉さんでは年に1回、お店で使う分のみそを店内で仕込んでいる。左がごはん屋さんの近藤さん。右はお手伝いにきた近藤さんのお姉さん。

おかみさんたちはふたりとも富江出身だけあって、
地域のモノやヒトにとても詳しいんです。
一緒にドライブをすると、
一般の人がまず通らないようなところにあるきれいな景色の道を教えてくれたり、
なかなか行く機会のない地元の職人さんたちの工房を
紹介してくれたりと、いつも発見があります。

おかみさんたちは地域交流をテーマとしたイベントの際には
快くお店を貸し出してくれたうえに、
自分たちもお手伝いとしてイベントに参加するなど、
新しいことやおもしろいことにいつも積極的です。

地域交流を目的としたタブロイド紙『五島と鎌倉』が刊行された際の関連イベントが五島で行われた際には、おかみさんたちは場所を貸し出すとともに、企画した島外の人々や、若いヘルプスタッフとともに調理を手伝った。右に立っているのが三浦さん。

さんごさんの館長として普段接するのは
よく訪れてくれる小学生の子どもたちか、
もしくはさんごさんの運営をサポートしていただいている
商店街や商工会の30〜40代くらいの方が多いので、
60代のおかみさんたちのお話はいつも新鮮です。
おかみさんたちがいるおかげで、
富江のまちをより身近に感じることができています。

このように、ずっと館内にいるだけではなく、
さまざまな場所に興味を持って足を運ぶことこそが
さんごさんの館長としての大切な仕事だと思っています。

Recommend