colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

島のモノと島のワザで建てる。
私設図書館〈さんごさん〉
のつくり方

福江島の小さな図書館〈さんごさん〉
vol.003|Page 1

posted:2017.1.22  from:長崎県五島市  genre:活性化と創生 / アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  長崎の五島列島で一番大きな島、福江島。
ここに小さな私設図書館〈さんごさん〉がオープンしました。
島内外の人々が連携してつくった〈さんごさん〉はちょっと変わった図書館。
企画や設計、運営に携わるスタッフによるリレー形式の連載です。

writer profile

Junpei Nosaku

能作淳平

のうさくじゅんぺい●ノウサクジュンペイアーキテクツ代表。1983年富山県生まれ。2006年武蔵工業大学(現・東京都都市大学)卒業。長谷川豪建築設計事務所を経て、ノウサク ジュンペイ アーキテクツを設立。現在、東京大学、日本工業大学非常勤講師。SDレビュー2016にてさんごさんが奨励賞を受賞。
http://www.junpeinousaku.com/info

こんにちは。
長崎県福江島(五島市)の私設図書館〈さんごさん〉の
建築設計の担当をしています能作淳平(のうさく じゅんぺい)と申します。
さんごさんのリレー連載は今回で第3回になります。
第1回目では、プロジェクトのはじまりと、なぜ図書館にしたのかという経緯、
第2回目では、島の住民目線で見たさんごさんプロジェクトについてお話ししたので、
今回は、私が初めて五島列島の福江島に行ったときの印象と、
それをもとに、どうやってさんごさんの設計を進めたかを中心にお話ししたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

1通のメールから……

プロジェクトのはじまりは突然でした。
ある日、東京にお住まいの鳥巣智行さんという方から長文のメールが来ました。
鳥巣さんは長崎の出身で、祖父が五島出身ということもあり、
長崎県の五島列島に建つ古い民家をリノベーションしたい、と書かれていました。
また、購入予定の民家や島の写真とともに、
島の歴史や文化について非常に簡潔に魅力的に書かれていて、
すぐにお会いしましょうとお返事を。
実際にお会いすると、鳥巣さんと妻の大来 優さんのおふたりの島への思いは熱く、
打合せを終えた時点で、どうにかしてこのプロジェクトを
実現させたいと思うひとりのファンになっていました。

鳥巣さん大来さんから最初に送られてきた企画書。

島はサイズ感がいい

そんな突然の出会いからプロジェクトに参加することになり、
2015年の夏、初めて五島列島の福江島に行きました。
改修前のさんごさんを確認して、夜は地元の方々と顔合わせ。
初めて島に行って私が感じたのは「島のサイズ感の良さ」でした。
まちがそこまで大きくないので、なんとなくみんな知り合いだけど、村ほど小さくもない。
まちを成り立たせている産業もちゃんと働いている人の顔が見えるんですね。

普段東京にいると、まちはどこまでも続き、
まちにはものがあふれ、何でも手に入ります。
しかし、集まり過ぎると、互いに何が違うかという差異を競ってしまいます。
売れるためには、やはり差別化が必要になります。

しかし、島ではメンバーが限られるため、ずいぶん状況が違う。
もしかすると、自分がいないと島のシステムの一部が停止してしまうような緊張感というか、
差異を競うのではなく、自分には何ができるのか? してあげられるのか?
というボランタリーなシステムに支えられているんだなと。
ここだったら、さんごさんプロジェクトも、
みんなで共有しようという方向に働くなと感じました。

島に住みながらつくる

そして、設計、工事へと進行するのですが、
やはり問題となったのは東京から現場までの距離。
しかもリノベーションの場合は、現場での確認と調整がたくさん必要になります。
床を開けてみたら、思っていた納まりと違うとか、
思っていたより建物が傷んでいるから補修しなきゃ、というふうに。
そして最も気になっていたのが、
東京にいては島の文化や空気感が全然わからないということ。
要所要所に現場に行ってチェックをするだけでは、さすがに無理があります。
なるべく長く島の人たちの近くにいられる方法はないかと……
悩んだ結果、数か月間、島に移住して現場をやろうということにしました。
ということで、うちの事務所のスタッフ石飛 亮くんが島民になることに。

移住した時の石飛くん(当時28歳)。

連載の第2回目を書かれた有川智子さんの手配で、
有川さんの実家の離れに住まわせていただくことに。
東京からの交通費は結構かかりますが、島の家賃は安い。
また、島には鉄道がないので、基本的に移動は車。
島の中古車を格安で購入し、現場用の車に。
島は東京とはものの価格がまるで違うんです。

Recommend