colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

「何もない」からの脱却。
〈さんごさん〉の誕生で
富江はどう変わった?

福江島の小さな図書館〈さんごさん〉
vol.002|Page 1

posted:2016.12.6  from:長崎県五島市  genre:活性化と創生 / 暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  長崎の五島列島で一番大きな島、福江島。
ここに小さな私設図書館〈さんごさん〉がオープンしました。
島内外の人々が連携してつくった〈さんごさん〉はちょっと変わった図書館。
企画や設計、運営に携わるスタッフによるリレー形式の連載です。

writer profile

Tomoko Arikawa

有川智子

ありかわ・ともこ●草草社代表。五島市(福江島)生まれ、長崎市育ち。大手住宅メーカーの研究所に務め、2011年より五島市に移住し起業。地域のデザイナーとして企業や行政などのプランディング・商品づくり、まちづくりに携わる。2013年、母と共にコミュニティカフェ〈ソトノマ〉をオープン。現在も〈さんごさん〉と同じ富江町の田尾地区で廃校小学校の再生プロジェクトを進行中。

前回までのダイジェスト・・・
2016年8月、長崎県五島列島の福江島に民間の図書館〈さんごさん〉が誕生!
連載1回目では、このさんごさんのオーナー夫妻で東京在住の、鳥巣智行さん、大来 優さんが
なぜさんごさんを始めたのか? ということを話してくれました。
今回は“福江島(五島市)のキーパーソン”こと有川智子さんに、
地域目線でさんごさんについて語っていただきます。

さんごさんの連載リレー2回目を担当する、
五島列島の福江島でデザイナーをしている有川智子です。
2011年に福江島にUターン移住し、早5年が経ちました。
以前、コロカルで掲載された〈ソトノマ〉も、
ますますいろんな人が訪れる居場所に育っています。
普段からデザインの仕事と並行して、島ライフがどうしたら楽しくなるかを考える毎日です。

1回目の記事で、さんごさんオーナーの鳥巣智行さんから島で取り組んでいることや、
これまでの仕事のことなどは少しご紹介いただいたので、
今回は島に住む人という視点で、さんごさんについて触れてみたいと思います。

一番左が有川です。右の2人は尾道から移住してきたソトノマスタッフのみくくんとさきちゃん。

さんごさんのある富江というまち

さんごさんのある富江町は、島に観光に来ても、
目立った観光地があるわけでもないので、
知らない人が積極的に立ち寄るような場所ではありません。
島のなかで人口は2番目に多い地域ですが、
島の人に「富江ってどんなところ?」と聞いても、
たいていは、「なんにもない」とか、「昔よりも活気がなくなった」とか、
確実にそんな返事が返ってくるような、普通の地方の過疎のまちとなんら変わりない、
日本の西の端、離島の小さなまちです。

しかし、島の人のそんな認識とは裏腹に
私は、移住当初から富江というまちに限りない可能性を感じています。
密かに「富江は世界一になれる!」と思っているくらい富江推しです。
こんなことは誰に言っても、だいたいぽかんとされますが、
けっこう大真面目にそう思っていますし、その魅力をいろいろな人に知ってほしい、
共有したいと思い日々あれやこれや取り組んでます。

なぜそんなに西の果ての離島の過疎のまち「富江」がいいのか。
そう思う理由はいろいろありますが、大きくは以下の4つのような気がしています。

1.富江はコンパクトシティ

公共施設、商店街、こども園や小中学校、病院などが徒歩圏内にみっちり集約してます。
さんごさん館長の大島健太さんは、移住して3週間くらいほぼ富江から出ずに
(ペーパードライバーだったこともありますが)何不自由なく暮らしていました。
商店街には暮らしに必要なだいたいのお店があり、
富江で買えないものはインターネットですぐに注文できる時代です。
普通に日々の暮らしをする分には不便がありません。
娯楽と呼べるものはあまりありませんが、
むしろ、混んだ電車にも乗らず、旬の食を楽しみながら
気ままに散歩しながら生活できるのは、気楽で幸せです。

富江小学校の校庭の大木(あこうの木)の下で。

2.富江はネイチャーアクティビティの宝庫

とにかく、歩けば自然に当たるくらい、自然が身近なので、
釣りでもハイキングでも海水浴でもやりたい放題です。
疲れたらなんと近くに天然温泉もあります。

多郎島海水浴場。キャンプ場も併設しています。

3.富江はフロンティアスピリッツ満載

個人的な感覚ですが、島の中でも進取の気風というか、
新たなことに取り組む風土や人が多い気がします。
いろいろな新しい試みを後押ししたり、見守ったりする寛容さも、このまちの特徴だと思います。
それは、この小さな地域にかつて富江藩という独立した藩が存在したことや、
珊瑚漁などで外国とも交易し、栄えた文化も背景にあるかもしれません。

4.富江の食の豊かさ

富江はさまざまな食の生産拠点で、魚介類はもちろん、
海藻・米・野菜・果物・牛・豚・鶏など、生きていくのに余りある、
ありとあらゆるものがこの小さい地域の中で採れます。
そして、おいしい。

農業も漁業もさかんでいろんな食材が採れ、豊かです。日本三大珍味のからすみも富江でつくられています。

それぞれの要素は、どの地域にもあることかもしれませんが、
これが小さな地域の中ですべて揃う富江は日本、いや世界最強説……
を勝手に唱えています。

とは言っても、人口も減り、高齢化も進み、娯楽もなく、
産業も衰退しているというまちに小さなさんごさんができることで、
どんな変化が生まれるのでしょうか。

Tags  この記事のタグ

Recommend