colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

築80年の古民家を改築
私設図書館〈さんごさん〉の始まり

福江島の小さな図書館〈さんごさん〉
vol.001|Page 1

posted:2016.11.11  from:長崎県五島市  genre:活性化と創生 / エンタメ・お楽しみ

〈 この連載・企画は… 〉  長崎の五島列島で一番大きな島、福江島。
ここに小さな私設図書館〈さんごさん〉がオープンしました。
島内外の人々が連携してつくった〈さんごさん〉はちょっと変わった図書館。
企画や設計、運営に携わるスタッフによるリレー形式の連載です。

writer profile

Tomoyuki Torisu

鳥巣智行

とりす・ともゆき●1983年長崎生まれ。千葉大学大学院デザイン専攻修了後、広告会社に入社。お菓子からロボットまで企画開発に携わる。長崎原爆の資料をデジタル地球儀上にアーカイブする「Nagasaki Archive」や長崎の魅力を再発見する「長崎は、日本の西海岸だ!」の制作など、長崎のプロジェクトにも取り組む。好きな食べ物は焼き鳥。

Yu Orai

大来 優

おおらい・ゆう●1983年生まれ。町田育ち。東京芸術大学卒業、広告会社に入社。アートディレクター。カンヌチタニウムグランプリその他、D&ADブラック・イエローペンシルその他、メディア芸術祭大賞、アドフェスト、クリオ、スパイクス、NYADC、 ONE SHOW、ACC、グッドデザイン賞、様々な国内外の広告賞を多数受賞。特技は水泳、趣味はスノードーム集めとけん玉。好きな漫画は名探偵コナン。

五島との縁。家との出会い

はじめまして。〈さんごさん〉発起人のひとりの、鳥巣智行です。
さんごさんは、長崎県の福江島にある築80年の古民家を改修してつくった
小さな民間の図書館です。
縁もゆかりもないわけではないですが、東京在住のわたしたちが
なぜさんごさんを始めることになったのか。
今日はそのことについて、書きたいと思います。

長崎のさらに西の海に浮かぶ五島列島の福江島に、
初めて足を運んだのは2001年。18歳のときでした。
中学時代の友人とふたりでヒッチハイクで島を一周し、
そのときに見た高浜の美しさや、大瀬崎の迫力、
出会った人のやさしさに惹かれて、
それから頻繁に足を運ぶようになりました。

福江島の西側にある高浜海水浴場(冬)の青い海と、白い砂浜。夏はもっと青いです。

カクレキリシタンが迫害を逃れて辿り着いた島、五島。市内にはたくさんの教会があり世界遺産候補となっています。写真は煉瓦造りが美しい堂崎教会。

わたしの両親は、ともにキリスト教徒です。
その両親から、いつだったかは覚えていませんが、
父方の曽祖父は五島列島の久賀島出身で、
母方の曽祖母は福江島出身だということを聞かされました。
わたしには五島の隠れキリシタンの血が流れているのではないかと、
意識するようになりました。

さんごさんのもうひとりの発起人は妻の大来(おおらい)優。
東京の町田市で育った彼女は、祖父母が住む山口の田舎で過ごす夏休みが好きだったそうです。
自然が好きな彼女は、五島のこともすぐに好きになりました。
冬の五島、夏の五島を一度ずつ訪れて、2012年には福江島の楠原教会で結婚式を挙げました。

2013年。初めて友人家族と五島を訪れた。コミュニティカフェ〈ソトノマ〉の前で。一番左が大来。左から2番目が筆者。

それから毎年夏になると、友人家族とみんなと五島で遊ぶのが恒例となります。
困るのが、宿でした。
五島はハイシーズンになると、なかなか宿がとれません。
ホテルも高額なため長期滞在するにはもうちょっと手軽な価格帯の宿が
ないかなと思うようになりました。
自分たちに合ったちょうどいい滞在先を探しながら、
どうせだったら仲間で集まれる場所を
つくってしまったほうが早いんじゃないかと考えるようになりました。

Recommend