colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

芸術祭って、子どもも楽しめる!?
キッズと巡る札幌国際芸術祭2017
リアルレポート

札幌国際芸術祭(SIAF)2017
札幌へアートの旅 in コロカル
vol.010

posted:2017.9.15  from:北海道札幌市  genre:アート・デザイン・建築

PR 札幌国際芸術祭実行委員会

〈 この連載・企画は… 〉  2017年8月6日から10月1日まで開催される「札幌国際芸術祭(SIAF)2017」。
その公式ガイドブック『札幌へアートの旅』をコロカル編集部が編集しました。
この連載では、公式ガイドブックの特別バージョンをお届けします。
コロカルオリジナルの内容からガイドブックでしか見られないものまで。
スマートフォン&ガイドブックを手に、SIAF2017の旅をぜひ楽しんで!

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

1日目はモエレ沼公園へ。バルーンの中をかけまわって

子連れで展覧会に足を運ぶのは、かなり骨が折れる。
親からすれば、騒いで走り回らないかとヒヤヒヤするし、
子どもからすれば、退屈でもその場にいることを強いられるし、
ハッピーだった思い出は正直ほとんどない。

けれど筆者はアートやデザイン専門の編集者。
この夏開催中の札幌国際芸術祭(SIAF)2017は、
北海道在住の身としては必ず見ておきたいイベントだ。

ということで、きっとハプニングが起こるだろうなぁと不安を抱えつつも、
土日を使って思い切って出かけることに。
SIAFの会場の中でも、子どもが喜びそうな場所を選ぶことにし、
1日目はモエレ沼公園、2日目は円山動物園というプランを立てた。

「今日は、でっかい公園に“風船お化け”を見に行くよ〜」
そんなわたしの誘いに、3歳の娘は大はしゃぎ。
しかし、小学1年生の息子は疑いの眼差しを向けている。
彼は幾度となく、わたしにつき合わされて、
アート関連のイベントやシンポジウムに連れていかれているので、
「またか!」といった顔つきだ。

乗り気でない息子に、噴水や水遊びができる場所もあると言い聞かせ、
なんとか出発することができた。

モエレ沼公園は、わたしの住む岩見沢から車で1時間ほどのところにあり、
彫刻家イサム・ノグチが設計した約189ヘクタールにもなる超巨大な公園だ。

〈ガラスのピラミッド〉内部にある黄色いバルーンは、松井紫朗による『climbing time / falling time』。

メイン会場となる〈ガラスのピラミッド〉のガラス越しに見えるのは、
高低差16メートルにもなるバルーンを用いた
松井紫朗の作品『climbing time / falling time』。
「ほら、“風船お化け”があるよ〜」と言うと、
子どもたちはワーッと歓声を上げながら屋内へと駆け込んでいった。

大友良英+青山泰知+伊藤隆之『(with)without records』。

ガラスのピラミッドの中では、不可思議な音が響いていた。
大友良英+青山泰知+伊藤隆之による『(with)without records』は、
市民が金属やプラスチックなどの素材を自由に組み合わせて、
ノイズを発する楽器につくり変えたレコードプレーヤーを約100台設置した作品だ。

遠くにあったプレーヤーが音を発していたかと思うと、
急に近くにあるプレーヤーが動き出したり。
子どもたちは、どのプレーヤーが音を出しているのか見つけるのに夢中。

「ここ鳴っているよ〜!」と、教えてくれる子どもたち。

2階にのぼって展示室を抜けると、またもや駆け出す子どもたち。
松井紫朗のバルーンの中に入ることができたのだ。
あたり一面黄色い世界。広いのか狭いのか距離感がつかめず、
いままで体験したことのないような、言葉で言い表すのが難しい感覚がわきあがる。
子どもたちはトンネルの中でキャッキャと笑いながら、何往復もしていた。

3階にもバルーン内部に入ることのできるトンネルが。ワーッと騒ぎながら走り去る。

レコードプレーヤーを発見。「ここにもあった!」と大喜び。

予想以上に楽しい体験だったようで、「次はなにがあるの?」とワクワク顔。
ああ、普段行く展覧会では、「早く帰ろ〜」と文句ばかりだが、
今日は生き生きとした表情を見せてくれたので、ホッと胸をなで下ろし……。

しかし、この会場の最後の展示室で3歳の娘は号泣した。

ARTSAT×SIAFラボによる
『Sculpture for All of the Intelligence 全知性のための彫刻』は、
室内が真っ赤なライトで照らされ、巨大な鉱石検波ラジオが
宇宙から受信したという電波音を鳴り響かせる。
この衝撃を感じる電波の音が、とにかく怖かったようで、
順路を逆走しようとする娘をつかまえて、目をつぶらせて部屋を走り抜けた。

ARTSAT×SIAFラボ『Sculpture for All of the Intelligence 全知性のための彫刻』。中央には正24胞体の「4次元プラント立体」が置かれている。

部屋の外でも娘はワンワン泣いていたが、出口になんと“救世主”が。
救世主とは、SIAF2017の子ども向けスタンプラリー。
泣いていた娘はスタンプを押したら、あっというまにご機嫌に……(助かった)。

「おばけのマール」とコラボしたSIAF2017のスタンプラリー。会場を巡ってスタンプを集めると、オリジナルグッズがもらえるというもの。

次のページ
アート以外も楽しめる!モエレ沼公園

Page 2

ビーチで遊んで、噴水を見て。モエレ沼公園で水と戯れる

これでようやく、ガラスのピラミッドの展示を見終えたわけだが、
子どもたちにとっては、ここからが本番。
モエレ沼公園に来たからには、子連れは避けて通れない場所がある。
モエレビーチと噴水ショーだ。

夏のモエレ沼に来るファミリーの多くは、モエレビーチが目当て。気合いの入った人たちは、風よけのテントを張り、浮き輪や水着を持参し、ここで1日過ごす。

モエレビーチを利用できるのは9月6日までだったが、その後11日からは、この場所で、大黒淳一×SIAFラボによる水面に波紋を広げる作品『沼紋』が展開される。

モエレビーチで水遊びをしたあとは噴水鑑賞。
海の噴水では1日3〜4回のショーが展開される(冬期休)。
この噴水、とにかく規模が半端ない。直径48メートルで総水量は1800トン。
最大25メートルも吹き上がるというものだ。

ショートとフルのプログラムがあり、わたしたちが見たのは40分間のフルバージョン。
この噴水も、イサム・ノグチのプランが生かされており、
巨大な柱のように吹き上がったかと思えば、その後水面自体が
「海の嵐」のようにうねり出すという、物語を感じさせるような構成だ。

プログラムの始まりに起こるビッグワン。最大25メートルの吹き上がりが見られる。風向きによっては、水がたくさんかかるので、子どもがいるなら着替えを持っていくとよさそう。

実は……、息子と娘に加え、生まれて1か月の第3子も一緒。夫にもサポートをしてもらいSIAF巡りを強行した。

滞在時間はたっぷり5時間以上!
帰りの車中で、子どもたちに楽しかったことをたずねると……。
息子「バルーンと噴水!」
娘「スタンプ!!」

えっ、スタンプ!? 
母としてはちょっと物足りない娘の言葉だったものの、
1日目は無事終了した(グッタリ……)。

次のページ
アートも動物も楽しめる!円山動物園へ

Page 3

2日目は円山動物園。アートと動物と遊具と盛りだくさん

続く2日目は円山動物園。
「今日は動物園に行くよ〜」というと、ふたりとも文句なく同意し、
朝ごはんもそこそこに急いで車に乗り込んだ。
車中でも「動物園まだ? まだ?」と落ち着かない様子。
1時間30分ほどかかって現地につくと入り口に一目散!

「トラ見たい! シロクマどこ?」
とキョロキョロする子どもたちに、最初に芸術祭の作品を見ることを告げると、
がっかりした様子だったが……。

「スタンプ集めよう!!」

この言葉に、パッと顔が明るくなった(やっぱり救世主!)。

円山動物園で展開されているのは、クワクボリョウタの『LOST#16』。
以前、人々に親しまれた〈魔境の伝説〉というアトラクションがあった建物が会場だ。

現在は西門イベントハウスという名前になっているが、外観は〈魔境の伝説〉というアトラクションの名残を感じさせる。

会場内は真っ暗。その中をLED電球をつけた鉄道模型が走っていた。
レールのまわりにはさまざまな日用品が置かれており、その影が壁面に投影されると、
車窓から眺めたかのような景色が次々と現れては消えていく。
『LOST』シリーズは、これまで世界中で発表されてきたが、
今回、会場が動物園ということもあり、キリンやゾウ、カモなど
動物の姿を多数見つけることができた。

クワクボリョウタ『LOST#16』

暗く静けさが漂う室内で、子どもたちは無言で作品を見つめている。
次の瞬間、3台ある鉄道模型の光がパッと消え暗闇に。とたんに娘がひと言。

「外に出たい……」

娘を抱きかかえて外に出ると、またもや号泣。
彼女にとって現代アートは、お化け屋敷と似たものなのか?

展示室を出て泣く娘……。

このまま泣き続けるかと思ったが、今度助けてくれたのは動物たちだった。
子どもたちのお気に入りは、なんといってもホッキョクグマ。
現在4頭飼育されており、元気に動き回る姿を見ることができた。

北海道とはいえ夏の日差しはとにかく暑い。日陰を探すホッキョクグマ。

円山動物園は老朽化した建物を随時改修しており、外だけでなく屋内飼育場で過ごす動物たちの姿も見られるように工夫がされている。

動物園を歩き回って3時間。そして最後に園内にある遊具につかまり2時間……。
芸術祭の会場として動物園を選択するのは、とてもおもしろい試みだが、
子連れであれば、まる1日滞在する覚悟が必要!

ただ見方を変えると、芸術祭のパスポートがあれば
会期中の動物園の入場料は200円(通常600円)。
1日たっぷり遊べて200円とは、かなりお得な休日の過ごし方だし、
しかも一度支払えば、会期中何度でも入れるところもうれしい点だ。

娘が一番喜んだのは園内のアスレチック。遊具はどこにでもあるのに、わざわざ動物園で遊ばなくても……と思うのだが、この施設、規模は小さいながらも子どもたちに大人気。

この時点ですでに親子ともども体力を使い果たしたが、
円山エリアには、ほかにも注目の展示が。宮の森美術館で開催されている
石川直樹展『New Map for North』にはどうしても行きたいところ。

なんとここでも、スタンプ効果は絶大。
「あとひとつスタンプ押せる場所あるよ!!」と言うと、
眠い目をこすって「行く!行く!」と子どもたち。

15年以上にわたり北海道を旅してきた写真家の石川直樹。
今回の個展では、知床半島、白老など、各地を巡って撮った作品をはじめ、
北方にまで足を延ばしたサハリン島などの写真を展示。
子どもには退屈かな? と思いきや
「お魚だ〜」「女の子がいる!」とけっこう好評だった。

石川直樹『shiraoi』

石川直樹『shiretoko』

子どもは映像が大好き。釘づけになっている。

子どもが騒いでもOK。SIAFはのびのびと鑑賞できる

一家5人でめぐったSIAF怒濤の2日間。
体力はかなり消耗するが、親も子も充分楽しめるイベントだと実感できた。
子連れで芸術祭は敷居が高いと思っている人も、ぜひチャレンジしてはどうだろう?
おススメの巡り方は、あまり欲張らずに1日1会場。
SIAFの主な会場は26もあるが、その中から今回紹介したモエレ沼公園や
円山動物園のように、子どもも興味が持てる場があるところを選ぶとよいと思う。

「かあちゃん、オレ、スタンプの期間が終わっても、この場所全部行ってみたいな」

おやおや、スタンプを押すことが目当てかと思っていたら……。
これまで美術館があんまり得意でなかった息子が、
帰り際にそうつぶやいてくれたのが何よりうれしかった。

次の週末には〈札幌芸術の森〉へ行った。〈札幌芸術の森美術館〉で『(with)without records』にまた遭遇!

札幌芸術の森と隣接する札幌市立大学の展示も訪ねた。「やった! スタンプ5つ目」

毛利悠子『そよぎ またはエコー』。ひとりでに鳴る鈴に興味津々。「触っちゃダメ!」というわたしの言葉に「触っていません〜」と息を吹きかける息子(ギリギリセーフ?)。

information

札幌国際芸術祭2017

会期:2017年8月6日(日)~10月1日(日)

主な会場:モエレ沼公園、札幌芸術の森、札幌市街地ほか

http://siaf.jp/

information

完全コンプリートガイド 札幌へアートの旅 
札幌国際芸術祭2017公式ガイドブック

マガジンハウスより発売中

http://magazineworld.jp/books/paper/5214/

Recommend