colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

たんぽぽ・川村エミコさんが
真鶴の魅力をとことん満喫!
ほっこり真鶴まちめぐり

真鶴半島イトナミ美術館
作品No.23|Page 4

posted:2017.3.10  from:神奈川県足柄下郡真鶴町  genre:アート・デザイン・建築 / 旅行

sponsored by 真鶴町

〈 この連載・企画は… 〉  神奈川県の西、相模湾に浮かぶ真鶴半島。
ここにあるのが〈真鶴半島イトナミ美術館〉。といっても、かたちある美術館ではありません。
真鶴の人たちが大切にしているものや、地元の人と移住者がともに紡いでいく「ストーリー」、
真鶴でこだわりのものづくりをする「町民アーティスト」、それらをすべて「作品」と捉え、
真鶴半島をまるごと美術館に見立て発信していきます。真鶴半島イトナミ美術館へ、ようこそ。

writer profile

Miki Hayashi

林みき

はやし・みき●フリーランスのライター/エディター。東京都生まれ、幼年期をアメリカで過ごす。女性向けファッション・カルチャー誌の編集を創刊から7年間手がけた後、フリーランスに。生粋の食いしん坊のせいか、飲料メーカーや食に関連した仕事を受けることが多い。『コロカル商店』では主に甘いものを担当。

photographer profile

Tada

ただ

写真家。池田晶紀が主宰する写真事務所〈ゆかい〉に所属。神奈川県横須賀市出身。典型的な郊外居住者として、基地のまちの潮風を浴びてすこやかに育つ。最近は自宅にサウナをつくるべく、DIYに奮闘中。いて座のA型。
http://yukaistudio.com/

Page 4

アクセサリーづくりに挑戦!

この博物館で年に2回ほど開催されているのが、
貝を使ったアクセサリーづくりのワークショップ。
このアクセサリーづくりに川村さんも挑戦することに。
まずは、あらかじめカットされたアワビの貝のパーツを選びます。

色や模様が、ひとつとして同じものがない貝のパーツ。「どれも本当にキレイ!」と川村さん。

悩みに悩んだ川村さん。「普段使いしやすそうな、これにします!」と大きめのパーツをセレクト。

続いて、選んだパーツを3種類の紙やすりを使って磨いていきます。
ハンドクラフト好きで、旅先でも陶芸をすると話していた川村さん、
なんとも楽しそうに貝を磨いていきます。

磨かれる前の貝と比べると、こんなピカピカに!

磨き続けること約30分。
「自分がちょうどいいと思ったのが、磨き終わりどきですよ」
と博物館サポーターズのスタッフに言われ、
「よし、じゃあこれで完成!」と貝磨き終了。
最後にパーツに金具と紐を通し、ネックレスの完成です。

「うれしい!」とさっそく、完成したネックレスをつける川村さん。この日、着ていたお洋服にもピッタリ。

「これまでいろいろな旅行番組のロケに行っていますが、
貝を磨くのは初めての体験でした! 簡単なので小さなお子さんでもできるし、
旅先の思い出になるし、すごくいいですね。
この海沿いっていうロケーションもすてきで、心が明るくなりましたよ」

真鶴をめぐった1日の感想を尋ねると
「今日は本当に心がほっこりしました」と笑顔を返してくれた川村さん。

「真鶴は漁港のイメージが強かったのですが、
おもしろい場所や洗練された場所もあってビックリしました。
海もあって山もある、さらに都内からの交通の便もいいから、
心を癒す場所として真鶴は最高ですね。あと、まちの方々が、
まるで実家に帰ってきたみたいにあたたかく迎えてくれたのもうれしかったです」

ひとりでぶらりと訪れても、みんなでワイワイめぐっても、
いろいろな楽しさがある真鶴。
〈真鶴半島イトナミ美術館〉では、ほかにもたくさんの
すてきなスポットや人を紹介しています。
あなたならではのスタイルで、真鶴の魅力と出会ってみて。

profile

EMIKO KAWAMURA 
川村エミコ

1979年神奈川県出身。お笑いコンビ「たんぽぽ」として活躍中。『めちゃ×2イケてるッ!』『世界の果てまでイッテQ!』『ヒルナンデス!』などに出演中。

Recommend