colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

たんぽぽ・川村エミコさんが
真鶴の魅力をとことん満喫!
ほっこり真鶴まちめぐり

真鶴半島イトナミ美術館
作品No.23|Page 3

posted:2017.3.10  from:神奈川県足柄下郡真鶴町  genre:アート・デザイン・建築 / 旅行

sponsored by 真鶴町

〈 この連載・企画は… 〉  神奈川県の西、相模湾に浮かぶ真鶴半島。
ここにあるのが〈真鶴半島イトナミ美術館〉。といっても、かたちある美術館ではありません。
真鶴の人たちが大切にしているものや、地元の人と移住者がともに紡いでいく「ストーリー」、
真鶴でこだわりのものづくりをする「町民アーティスト」、それらをすべて「作品」と捉え、
真鶴半島をまるごと美術館に見立て発信していきます。真鶴半島イトナミ美術館へ、ようこそ。

writer profile

Miki Hayashi

林みき

はやし・みき●フリーランスのライター/エディター。東京都生まれ、幼年期をアメリカで過ごす。女性向けファッション・カルチャー誌の編集を創刊から7年間手がけた後、フリーランスに。生粋の食いしん坊のせいか、飲料メーカーや食に関連した仕事を受けることが多い。『コロカル商店』では主に甘いものを担当。

photographer profile

Tada

ただ

写真家。池田晶紀が主宰する写真事務所〈ゆかい〉に所属。神奈川県横須賀市出身。典型的な郊外居住者として、基地のまちの潮風を浴びてすこやかに育つ。最近は自宅にサウナをつくるべく、DIYに奮闘中。いて座のA型。
http://yukaistudio.com/

Page 3

真鶴の名所めぐりへ!

穏やかな空気が流れる〈貴船神社〉。鳥居の奥に見えるのが本殿。

お腹も心もすっかり満たされたあとは、腹ごなしに真鶴を散策。
真鶴のまちを見守る〈貴船神社〉へ。

鳥居をくぐり、108段の大石段をのぼって本殿へ。
大石段をのぼりきると、そこには満開の河津桜が。春ならではの景色に、
「歩いているだけで季節を感じられて、心が安らぎますね」と、
川村さんの顔もほころびます。

海を眺めながら次の場所へ。

お参りをすませて向かったのが、しげさんもおすすめの、
お林」と呼ばれる〈県立真鶴半島自然公園〉の原生林。
「魚つき保安林」とも呼ばれ、この豊かな森があることで、
真鶴においしい魚が集まるのだそう。

真鶴町観光協会の柴山高幸さんの説明を聞き入りながら、樹齢200年というクスノキを見上げる川村さん。その大きさに圧倒されます。

歩きながら「いい香りがして、めちゃくちゃ癒されますね」と話す川村さん。
「山も海もある真鶴、本当にいい場所だな」

取材当日は晴天に恵まれていたこともあり、
真鶴の絶景も川村さんに楽しんでもらおうと、真鶴半島の先端にあるケープ真鶴へ。
「ここは、どこを向いていても後ろに海がくる絶好の撮影スポットですね」
と展望台からの眺めに喜ぶ川村さん。

思わず写真を撮りたくなる眺め。真鶴めぐりの際は、カメラもお忘れなく!

真鶴の景勝地三ツ石も見下ろせます。その先に広がるのは相模湾の大海原。

こちらでも河津桜が満開。ひと足早く、春を満喫できた1日。

普段は初島や大島、伊豆半島の眺めが楽しめる展望台ですが、
取材当日は特に空気が澄んでいて、房総半島や
横浜のランドマークタワーまで見えるほど。
「私もカメラを持ってくればよかった……」と嘆く川村さん。
そんな川村さんの心を、展望台付近に暮らす名物猫のチャコさんが癒してくれました。

名物猫のチャコさん。猫や動物の写真で知られる岩合光昭さんも、チャコさんを撮影したことがあるのだそう。

この日、最後の真鶴めぐりスポットとなったのが〈真鶴町立遠藤貝類博物館〉。
こちらには真鶴で貝類の収集・研究活動をしていた
遠藤晴雄さんが生前にコレクションしていた、
4500種5万点にもおよぶ貝類の一部が展示されています。

三ツ石海岸を模した磯のジオラマも!

まず展示されている貝の多さに
「こんなたくさんの貝を一度に見るの初めて!」と驚く川村さん。
ひとつひとつの貝の名前を眺めながら
「海辺で拾った貝殻の名前がわかったら、テンションがあがるでしょうね。
すごくおもしろいです」

Recommend