colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

たんぽぽ・川村エミコさんが
真鶴の魅力をとことん満喫!
ほっこり真鶴まちめぐり

真鶴半島イトナミ美術館
作品No.23|Page 1

posted:2017.3.10  from:神奈川県足柄下郡真鶴町  genre:アート・デザイン・建築 / 旅行

sponsored by 真鶴町

〈 この連載・企画は… 〉  神奈川県の西、相模湾に浮かぶ真鶴半島。
ここにあるのが〈真鶴半島イトナミ美術館〉。といっても、かたちある美術館ではありません。
真鶴の人たちが大切にしているものや、地元の人と移住者がともに紡いでいく「ストーリー」、
真鶴でこだわりのものづくりをする「町民アーティスト」、それらをすべて「作品」と捉え、
真鶴半島をまるごと美術館に見立て発信していきます。真鶴半島イトナミ美術館へ、ようこそ。

writer profile

Miki Hayashi

林みき

はやし・みき●フリーランスのライター/エディター。東京都生まれ、幼年期をアメリカで過ごす。女性向けファッション・カルチャー誌の編集を創刊から7年間手がけた後、フリーランスに。生粋の食いしん坊のせいか、飲料メーカーや食に関連した仕事を受けることが多い。『コロカル商店』では主に甘いものを担当。

photographer profile

Tada

ただ

写真家。池田晶紀が主宰する写真事務所〈ゆかい〉に所属。神奈川県横須賀市出身。典型的な郊外居住者として、基地のまちの潮風を浴びてすこやかに育つ。最近は自宅にサウナをつくるべく、DIYに奮闘中。いて座のA型。
http://yukaistudio.com/

真鶴半島の魅力あふれる場所や人を紹介する〈真鶴半島イトナミ美術館〉。
今回はコロカルおすすめのモデルコースをご紹介。

このモデルコースをめぐってくれたのが、お笑いコンビ〈たんぽぽ〉の川村エミコさん。
これまで旅行番組などで日本のさまざまな場所を訪れてきた川村さんですが、
真鶴を訪れるのは今回が初めて。そんな川村さんの1日真鶴散歩、スタートです!

真鶴といえばここ! 名店&名物めぐり

まずは真鶴の顔ともいえる「しげさん」こと
草柳重成さんが店主を務める〈草柳商店〉へ。
一見ふつうの酒屋さんですが、まちの人が自然と集まるにぎやかなお店。
川村さんに会うなり「テレビ、見てますよ!」と熱烈歓迎してくれる、しげさん。

熱烈歓迎してくれた、しげさん。後ろにいるのは娘の采音さん。

店内に入り、しげさんのお母さんと娘の采音(ことね)さんにもご挨拶。
采音さんが毎日、2時間半かけて都内の大学へと通学していると聞き、驚く川村さん。

采音: ローカルな場所と都会を行き来したほうが、心のバランスがとれるかなって。

川村: それだけ真鶴には、離れ難い魅力があるんですね。

すっかり仲良くなった采音さんと。采音さんは、真鶴のアートイベント〈真鶴まちなーれ〉の実行委員の一員でもあります。

「私ね、お笑いが好きなの」というお母さんとは、お笑い談義。「イヤなことやもしゃもしゃすることがあったら、お笑いを見て笑うの」と言われ「私も頑張ります!」と川村さん。

真鶴めぐりに外せないスポットはどこかと尋ねると
「お林には行ってほしいですね。今日は天気もいいし、気持ちいいんじゃないかな?」
と、しげさん。お林に向かう前にまちの雰囲気を楽しむことになり、
お店をあとにしました。

続いて向かったのが、草柳商店から歩いてすぐの〈魚伝〉。
昔ながらの手法で干物づくりをする老舗です。
こちらでも5代目の青木良磨さんとご家族が大歓迎。
はす向かいにある、昭和5年創業の〈青木理容店〉の親子もやって来て、
あっという間に店先はにぎやかな雰囲気に。

5代目の青木良磨さんと娘さん。このあと、息子さんもやって来て、にぎやかに。

ここで良磨さんが考案した真鶴の新名物〈イカ爆弾〉を川村さんに食べてもらうことに。
イカ爆弾をつくっている様子を見せてもらおうと厨房に入ると
「すごい真っ黒! イメージしていたのと違う!」
とイカ爆弾の姿にビックリする川村さん。

「真っ黒だ~!」と、予想外のイカ爆弾の姿に驚く川村さん。

「初めて見る人は衝撃を受けるみたいね」というお母さん。
実はイカ爆弾の正体は、イカの入ったコロッケ。
「中までじっくり火が通るように、二度揚げするんです。
中にはチーズも入ってるんですよ」

次々とイカ爆弾が揚げられていく様子に
「食べるのが楽しみ!」と待ちきれない川村さん。

揚げたてのイカ爆弾を手渡され
「『となりのトトロ』に出てくる、まっくろくろすけみたい」と、はしゃぐ川村さん。
ひと口かじると「チーズがトロッとしておいしい! イカもやわらかくて、
これは病みつきになっちゃいそう」と、さっそくおいしさの虜に。

青木理容店の娘さんと、仲良くパクり。

良磨: ブラックペッパーをきかせてあるんですよ。

川村: うん、このピリッと感がビールにも合いそう。
イカもすり身とかでなく、切り身で入ってるのがいいですね。
あとチーズがちょうどいいコクを出してる。
私、真鶴の学生だったら学校帰りとかに寄って食べてたと思います。

「イカ爆弾ってネーミングも、すごくいいですね!」と大絶賛する川村さん。

老舗でありながら「何か新しいものをつくりたかった」という良磨さん。
黒いのは焦げているのではなく、イカスミの色なのです。

川村: 通販したら、すごく売れそう。

良磨: 実はいま準備中なんですよ。川村さん、ぜひイメージキャラに!

魚伝の一番人気は秘伝のタレに漬け込んだサバのみりん干し。

この日、歩くたびに「テレビよりかわいい!」と声をかけられていた川村さん。「テレビって、ブスに映すんですよ~。みんなに伝えておいてくださいね」と、やりとりを楽しんでいた様子。

Recommend