colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

地元で自分の好きなことを仕事に。
似顔絵からデザインまで手がける
〈ポトレト〉山本知香さん

真鶴半島イトナミ美術館
作品No.16|Page 2

posted:2017.2.22  from:神奈川県足柄下郡真鶴町  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

sponsored by 真鶴町

〈 この連載・企画は… 〉  神奈川県の西、相模湾に浮かぶ真鶴半島。
ここにあるのが〈真鶴半島イトナミ美術館〉。といっても、かたちある美術館ではありません。
真鶴の人たちが大切にしているものや、地元の人と移住者がともに紡いでいく「ストーリー」、
真鶴でこだわりのものづくりをする「町民アーティスト」、それらをすべて「作品」と捉え、
真鶴半島をまるごと美術館に見立て発信していきます。真鶴半島イトナミ美術館へ、ようこそ。

writer profile

Hiromi Kajiyama

梶山ひろみ

かじやま・ひろみ●熊本県出身。ウェブや雑誌のほか、『しごととわたし』や家族と一年誌『家族』での編集・執筆も。お気に入りの熊本土産は、808 COFFEE STOPのコーヒー豆、Ange Michikoのクッキー、大小さまざまな木葉猿。阿蘇ロックも気になる日々。

photographer profile

Kazue Kawase

川瀬一絵

かわせ・かずえ●島根県出雲市生まれ。2007年より池田晶紀が主宰する写真事務所〈ゆかい〉に所属。作品制作を軸に、書籍、雑誌、Webなど各種メディアで撮影を行っている。
http://yukaistudio.com/

Page 2

真鶴関連の仕事に取り組むようになったのはそのあとのこと。
個人で受けていた仕事をSNSにアップしていたところ、町役場の人の目に止まり、
あるイベントに参加してみないかと声をかけられたのだ。

「そのイベントが2014年に開催された『スタートアップウィークエンド真鶴』という
起業に関するものだったんです。実行委員としても関わることになって、
ポスターなどのデザインを担当させてもらいました。当日も会場にいたので、
『起業って、こうやってするものなんだ』と勉強になりました。
このイベントを通して、それまで存在すら知らなかった商工会や
観光協会とのつながりができたのも大きかったです」

似顔絵・イラスト・デザイン。山本さんのアイデアと技術が凝縮した名刺。山本さんが商工会に所属するきっかけをつくったという、山本さんと同世代の商工会の人のもの(上)。キャッチーなイラストは、「顔を覚えてもらえる」と好評。もう1点は明治10年創業のひもの専門店〈魚伝〉の名刺の裏(下)。写真と見紛うほどの精密なイラスト。さまざまなテイストのイラストを描けるのも山本さんの強み。

その後、真鶴町商工会の青年部にも入り、2015年に個人事業主として開業。
真鶴町商工会の入会資格は、町で営業している商工業者であれば
法人、団体、個人事業所問わず、誰もが参加できるというもの。
青年部には、事業者の次期後継者など若手が所属し、
トライ&エラーできる場所として運営されている。
上の世代との関わりもでき、サポートもしてもらえるため、
まちとのつながりがより密になっていった。

「みんなが生きる仕事」がまちを楽しくする

こうして、山本さんは依頼主の要望やイベントの趣旨に合わせて、
これまで培ってきたアイデアや技術を使い分けて仕事をしている。
思春期の頃に抱いていたまちに対するネガティブなイメージも、
まちの人や仕組みを知ることで薄れていった。
いまでは、真鶴でのびのびと仕事できる楽しさを感じているようだ。

「私の仕事って、個人の方から『こういうのをつくりたいけど
どういう風につくったらいいかわからない』というような、
相談を受けながら一緒にやっていくことが多いんですね。
本当にいろんなことをやっているので肩書きを聞かれると迷っちゃうくらいで、
それは言い方によっては『全部が中途半端』とも言えると思うんです。
でも、それが心地よくもあるんですよ。似顔絵もイラストもデザインもできるからこそ、
オリジナルの提案ができることもあるし、みんなそれぞれの持ち味で
仕事を楽しくしていけたらいいな、と思います」

2015年に真鶴へ移住してきた川口瞬さんと來住友美さんによる泊まれる出版社〈真鶴出版〉と共作した2冊。『小さな町で、仕事をつくる』は移住促進パンフレット、『やさしいひもの』はひものの歴史や調理法など、その魅力を紹介。山本さんはイラストとデザインを担当した。

また、2015年に移住してきた出版社兼ゲストハウスを運営する
〈真鶴出版〉とチームを組み、仕事を重ねることで、
「ひとりではできないものも、誰かと一緒ならば
できるということがよくわかった」と話す。

『やさしいひもの』のページから。「真鶴出版のふたりが、ひとりではなくチームでものづくりすること、突き詰める楽しさを運んできてくれました」

こちらも真鶴出版とつくった真鶴のイラストマップ『ノスタルジックショートジャーニー in 真鶴』。

「いまは相談相手が増えたので、みんなで仕事できるようになるのが一番いい。
まち全体がちっちゃい会社みたいな。
それは、依存するという意味の“みんな”ではなくて、情報を共有して、
その案件に適した人に仕事が回るようになったらということです。
今後は、真鶴のお土産物をつくりたいなと考えているのですが、
その場合にも、自分にできないことはほかの人に助けてもらったり、
アドバイスをもらったりしたい。『自分がよければそれで完結』じゃない、
みんなが豊かになるような仕事のあり方を実現できたらと思います」

「まちづくりのことはよくわからないけれど」と控えめながら、
一度は諦めた「真鶴で自分のやりたいことをやる」という夢を実現した
山本さんから発せられる言葉は力強く、希望に溢れている。

information

ポトレト

Recommend