colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

〈札幌国際芸術祭2017〉は
もう始まっている!?
雪まつり会場をにぎわせた
『トット商店街』の秘密

ローカルアートレポート
vol.075|Page 4

posted:2017.3.16  from:北海道札幌市  genre:アート・デザイン・建築

sponsored by SIAF2017

〈 この連載・企画は… 〉  各地で開催される展覧会やアートイベントから、
地域と結びついた作品や作家にスポットを当て、その活動をレポート。

writer profile

Michiko Kurushima

來嶋路子

くるしま・みちこ●東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、2001年『みづゑ』の新装刊立ち上げに携わり、編集長となる。2008年『美術手帖』副編集長。2011年に暮らしの拠点を北海道に移す。以後、書籍の編集長として美術出版社に籍をおきつつ在宅勤務というかたちで仕事を続ける。2015年にフリーランスとなり、アートやデザインの本づくりを行う〈ミチクル編集工房〉をつくる。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。
http://michikuru.com/

credit

撮影:秋田英貴

Page 4

8月のSIAF2017でも、多彩なプロジェクトを計画中

岸野さんは、夏の本祭でもプロジェクト行いたいと熱く語る。
現在、東京でこれまで行ってきたコンビニでのDJパフォーマンスをはじめ、
さまざまな可能性を探っている段階だという。

「日本中のコンビニでDJみたいな活動が起こって、
場所の使い方が変わってきたらおもしろいと思っているんです。
ほかにも大友さんが市電を使った何かをやりたいと言っているので、
僕もそれは大乗り気。さらには、札幌の定山渓にある温泉と絡めたイベントが
できたらいいなと思っているんですけどね」

ゲストディレクターの大友さんが、SIAF2017のテーマに据えたのは
「芸術祭ってなんだ?」というもの。
これは「なんだ?」という問いかけに対して、
「正解とか、正論を探すのではなく、実際に手を動かし、
誰かと何かをつくるところから見えてくる何か、感じる何かであったほうがいい」
と大友さんは考えており、参加するアーティストたちは自分なりの答えを探ろうと、
岸野さんと同じく、すでにプロジェクトをスタートさせている者もいる。

昨年から札幌に複数回滞在し、リサーチを行っている梅田哲也さんは、
1月に凍ったモエレ沼でライブ・インスタレーションを行い、
それをさわひらきさんが撮影するというフィールド・アクションを実施している。

1月26日夜、札幌国際芸術祭のメイン会場のひとつ、モエレ沼公園で梅田哲也さんとさわひらきさんによるフィールド・アクションが実施された。凍ったモエレ沼に穴を空け、そこに照明器具を沈めて光を氷に反射させるなどし、それを映像に収めるという制作プロセスが公開された。(写真提供:札幌国際芸術祭事務局)

このように、毎月何かしらのイベントが市内各所で開催されながら、
8月の本祭へと向かっているのだ。

8月の本祭で、宇宙の文化芸術活用を推進するARTSATプロジェクトとSIAFラボがコラボレーションした『Sculpture to be Seen from Space, Improvisation to be Heard from Space. 宇宙から見える彫刻、宇宙から聞こえる即興演奏』が発表されるのに合わせ、このプロジェクトでアーティスティックディレクターを担当する平川紀道さんの作品『datum』のプレビューが、モエレ沼公園で2月16日~19日に開催された。(写真提供:札幌国際芸術祭事務局)

今回の芸術祭はアートを狭い枠の中に収めるのではなく、
音楽や演劇、映像など、さまざまな領域を横断するようなプロジェクトや
忘れかけていた表現の歴史に光を当てる企画など、
ひとくくりにできない“場”が数多く創出されるという。
それらは、『トット商店街』と『札幌ループライン』を体験してわかるように、
札幌というまちの見え方が一変するような、
新たな気づきを私たちにもたらしてくれることだろう。

会期中は札幌でさまざまなことが起こりそう。
現場で体験することで初めて全貌がわかる、ライブ感たっぷりの芸術祭となるようだ。

information

札幌国際芸術祭2017

会期:2017年8月6日~10月1日

http://siaf.jp/

Tags  この記事のタグ

Recommend