colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

連載

名古屋在住アーティスト
山城大督が見たトリエンナーレ
あいちトリエンナーレ通信 vol.8

ローカルアートレポート
vol.073|Page 1

posted:2016.11.8  from:愛知県名古屋市ほか  genre:アート・デザイン・建築

〈 この連載・企画は… 〉  各地で開催される展覧会やアートイベントから、
地域と結びついた作品や作家にスポットを当て、その活動をレポート。

writer profile

Daisuke Yamashiro

山城大督

やましろ・だいすけ●1983年大阪生まれ。美術家。映像ディレクター。映像の時間概念を空間やプロジェクトへ展開し、その場でしか体験できない「時間」を作品として展開。2007年よりアーティスト・コレクティブ「Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)」を結成し、他者を介入させ出来事そのものを作品とするプロジェクトを各地で展開。

3年に1度開催され、先日閉幕した国際芸術祭〈あいちトリエンナーレ2016〉。
3度目となる今回は、名古屋市、岡崎市、豊橋市で開催されました。
参加アーティストや広報チームが、その作品や地域の魅力を紹介していくリレー連載です。

はじめに

コロカル読者の皆様〜、はじめまして! 
やっと連載リレーのバトンが、ぼくに回ってきました。
光栄です! うれしいです!(無駄にハイテンション)
映像メディアを使った美術作品制作、文化芸術関連における映像制作を
稼業として活動しています、アーティストの山城大督です。
アーティスト・コレクティブ〈Nadegata Instant Party〉
(中崎透+山城大督+野田智子、以下NIP)のメンバーでもあります。

大阪生まれの33歳。これまでに住んだことのある土地は
大阪、岐阜、山口、東京。滞在制作での短期滞在(1か月〜3か月)だと、
広島、青森、水戸、袋井、六甲、新潟、小倉、札幌、三宅島、大分、豊島など! 
いまは愛知県名古屋市に妻(野田智子、NIPメンバー)と息子(3歳)と
3人で愉快に住んでいます(今月には第二子の娘も誕生予定〜)。

息子(山城丗界、当時1歳)と。

Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)

名古屋在住歴は3年。そう、僕たち家族はNIPが作家として参加した
〈あいちトリエンナーレ 2013〉をキッカケに名古屋に引っ越してきました。
息子が生まれるタイミングと、震災後のテンションが相まって、
「ま、東京じゃなくてよくね?」と、
妻の実家の岐阜にも近い名古屋を選んでみたのでした。
友人である美術家の下道基行くんや、青田真也くん、
アートコーディネーターの吉田有里ちゃんが、名古屋にいたことも後押しになりました。

Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)『STUDIO TUBE』(2013年、あいちトリエンナーレ 2013)。電力施設跡地を架空の特撮スタジオに見立て、オープンスタジオ&上映展示を実施するという設定の作品。

家の近所の神社で1と6のつく日に開催されている青空市。名古屋はこういう「市」がたくさんある。

息子が生まれ、あいちトリエンナーレ 2013が閉幕し、
必死のパッチで邁進してると気がつけば3年が経っていました(笑)。
なんとなく自由で、外の空気をトロッと受け入れてくれる
居心地のいい名古屋の雰囲気が気に入り、いまとなっては
「味噌煮込みうどん」にも慣れました。むしろ! 好きです。
定期的に食べないとダメな感じにさえなりました(八丁味噌は中毒性がある)。

前置きが長くなりましたが、そんなぼくの視点で、第3回目を迎え、
10月23日に閉幕した国際芸術祭〈あいちトリエンナーレ 2016〉を
レポートしたいと思います。それでは、どうぞ、よろしくお願いします〜!

あいちトリエンナーレ 2016記者発表。テーマカラーとシンボルの発表(2014年10月29日)。

「キャラヴァンサライ」に出会う旅

あいちトリエンナーレ 2016、ぼくは少し特殊なかたちで関わってきました。
前回のトリエンナーレでは出品作家として「通常」の参加をしましたが、
今回はいくつかの「特殊」な立場として参加しました。
具体的に申しますと、まずは映像ディレクターとして
『あいちトリエンナーレ 2016 コンセプト・ムービー』の制作に関わりました。

これは、港千尋さん(あいちトリエンナーレ 2016芸術監督)と
永原康史さん(あいちトリエンナーレ 2016公式デザイナー)、
拝戸雅彦さん(あいちトリエンナーレ 2016チーフ・キューレーター)からの発案で、
芸術祭のテーマとして掲げられた「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」を
映像化できないかという相談でした。

開幕する2年前(2014年11月)で、まだ参加作家も
キュレーターも決まっていない超初期段階でした。
港さんによる「これからつくりあげる芸術祭」への
イメージ&コンセプトテキストが提示されていたタイミングで、
まだ具体的には存在しない「イメージ」を「映像」に変換して伝えるという要望は、
ぼくにとっても困難なリクエストでした。

港さんと初めての打ち合わせ後に行った大須の居酒屋には、鳥山明のサインが! ドラゴンボール世代としてはたまりません。このプロジェクトは絶対に成功するなと「ピーン」と来ました(笑)。

実は、「キャラヴァンサライ」という言葉も
意味も知らないような状態からのスタートだったこともあり、
港さん、永原さん、拝戸さんとの度重なる対話からスタートしました。
そのなかで現れてきたキーワード、「人間」「創造」「旅」「家」「群衆」「個」
「集合」「視点」「土地」「伝統」「自然」「産業」「テクノロジー」をもとに、
愛知県の隅々、はたまた、トルコ・イスタンブールへとカメラとともに旅し、
リサーチし、映像を撮影し、構成することになったのでした。

トルコ・リサーチでの、ある一夜。(2014年12月28日)。

このプロセスのなかで、「虹のキャラヴァンサライ」のイメージは
強く体に染み込んでいったように思います。

雪の正月、愛知県の奥三河に位置する東栄町の「花祭」リサーチへ(2015年1月2日)。

老若男女が一晩中、次々と舞を踊る。深夜には鬼も登場。

祭りのあと。「てほーへ、てほーへ」の軽快なリズムがしばらく耳に残った。

いま思うとイメージを「映像化」する行為から入っていったことは、
港さんらしい選択だったんだなと感じています。
「虹」のように、誰もが見えるんだけど手にとって掴むことはできない。
人々の営みのなかで生まれ積み重ねた「創造」をめぐる旅。
その途中に立ち寄る、祭でもあり仮設の家でもある「キャラヴァンサライ」。
手前味噌なんだけど、これをうまく「映像化」することに成功しました。
ぜひ、見てください。VTRスタート!

『あいちトリエンナーレ 2016 コンセプト・ムービー』音楽:蓮沼執太

Tags  この記事のタグ

Recommend