colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

おでかけコロカル 北海道・道北編

占冠村から最北端の宗谷岬まで南北に広がる「道北」エリアは、新千歳空港からもアクセスがよく、JRが通るなど電車の旅も楽しい場所です。 増毛のレトロなまち並みや中核都市旭川のグルメを堪能したら、北部へ足を伸ばして! 大雪山連峰の美しい自然を満喫できる宿や、山の恵みを生かしたクラフトや精油づくり体験も。道北を旅すれば、北海道の新旧のカルチャーが楽しめます。

地図から探す

ジャンルで北海道・道北編の情報を絞り込む

  • [ 食事処・レストラン・食堂 ]

  • [ 観光・スポット ]

  • [ 旅館・ホテル・宿 ]

  • [ ショップ ]

Map Search
地図から北海道・道北編の情報を探す

colocal Extra Contents
コロカル連動企画

Recommend
北海道・道北におでかけ おすすめ情報

ジャンル: 味わう 買う

〈七福弁当 鈴木商店〉
常連客の行列が絶えない、
旭川で愛される名物弁当。

平和通買物公園沿いに建つ七福ビルに入ってすぐの場所に、お昼どきには行列のできる名物のお惣菜屋さんがあります。お客さんの声が飛び交う、活気あふれる旭川ならではのまちの風景。お店のたたずまいは、昭和の風情をそのままとどめています。…

ジャンル: 味わう 知る・楽しむ

〈アートヴィレッジ恩根内〉
廃校で、ものづくりを観光に。
注目の雪板づくりを体験

近年、国内外から注目されている新しい雪遊びがあります。雪板でパウダースノーを滑るというもので、ガイドとともに新雪の森のなかへ入りスロープを滑ったりと雪を満喫できるというのです。そのアイテムとなる、雪板づくりとはいったい?…

ジャンル: 知る・楽しむ

写真家・在本彌生の旅の記録 
おいしいものと、人のご縁。
懐の深い、北海道とは。

今回、コロカルが写真家の在本彌生さんとめぐったのは道北エリア。移動を重ねたこの旅で出会ったのは、ため息が出るような大きな自然と、それに日々向き合う人々の営みでした。改めて北海道の懐の深さを知ることになった在本さんがこの旅で感じたこととは。…

ジャンル: 味わう 知る・楽しむ 泊まる

〈星野リゾート トマム〉
雲海テラスに新デッキ誕生!
夏も冬も山の自然を満喫

新千歳空港や帯広空港から高速道路で約1時間半。占冠(しむかっぷ)ICにさしかかると、深い山あいの風景に、空に向かってそびえ立つタワーホテルがこつぜんと姿を現します。総面積1000平米という広大な敷地に点在するゲレンデ、ゴルフ場や常夏のプール、スパを展開。…

ジャンル: 泊まる

暮らすように泊まる
〈Villa ニセウコロコロ〉。
旭岳の絶景を望む、一棟貸しの宿

パチパチとはぜる薪ストーブ。部屋中がやさしい暖かさに包まれて……まるで個人の住まいのようなこの部屋は、旭川空港からもほど近い東川町の田園地帯にそっと立つ愛らしい宿〈ニセウコロコロ〉のヴィラ内のリビングルーム。つまり、れっきとした宿泊施設なのです。こちらは2013年、…

ジャンル: 味わう 買う

〈Less Higashikawa〉
本質を追求したアイテムが揃う、
美しい水のまちのセレクトショップ

“見るものすべてが絵になるまち”と言われることも多い東川町は、旭川空港から車で10分。大雪山系旭岳からの豊富なおいしい水が各家庭に引かれ、四季にまたがるアウトドアレジャーを楽しめるほか、写真のまちとして全国的にも知られる文化的なまちづくりが行われています。…

ジャンル: 味わう

〈焼鳥専門ぎんねこ〉は
炭火焼と秘伝タレがうまい!
旭川名物の新子焼きと、鳩燗で一杯

旭川の繁華街の一角、別名焼き鳥横町とも呼ばれる〈5・7小路ふらりーと〉の角。「素通りはゆるしませんぞ」と書かれた、狸の看板が目印の老舗〈焼き鳥専門 ぎんねこ〉からは、いい香りが漂ってきます。…

ジャンル: 味わう

漁師町の〈寿司のまつくら〉へ。
鮮度は太鼓判。
とれたて海の幸を豪快盛り!

このツヤ、この色、美しい盛り! 中にはまだ見えていないネタもあるのです。酢飯にたどりつくのに時間を要する幸せな逸品。この鮮度とボリュームは、日本海に面した増毛町の店〈寿司のまつくら〉ならではのとっておきです。増毛の語源は「カモメの多い港」の意味をもつアイヌ語「マシュケ」。…

ジャンル: 知る・楽しむ 買う

日本最北の造り酒屋〈国稀酒造〉。
明治建築の酒蔵は見応えあり!

日本海に面し、江戸時代中期の1750年頃に豊かな漁場として開かれた、北海道でも長い歴史をもつ増毛町。かつてニシン漁で繁栄をきわめた明治の頃、ある呉服店の敷地内で、従業員用の日本酒づくりが始められました。これが、現在創業134年を迎える、…

ジャンル: 味わう 知る・楽しむ

エコミュージアムおさしまセンター
BIKKYアトリエ3モア。
木造校舎のアトリエを再生した、
彫刻家砂澤ビッキのミュージアム

幕末の探検家松浦武四郎が、アイヌの古老から、「『カイ』とは『この国に生まれたもの』を意味する」と聞き、「北」と「道」をつけてこの地を「北加伊道」としたのが、「北海道」の始まりと伝えられています。そんな北海道の命名の地は、深い山あいを流れる天塩川沿い、音威子ります。…

ジャンル: 味わう

〈ラーメン みづの〉
生姜と醤油がたまらない!
体も心も温まるホッとする味

旭川名物といえば真っ先に思い浮かぶのが、旭川ラーメン。老舗から新しいお店まで、旭川にはたくさんのラーメン店がひしめきあっています。黄色縮れ麺にラードを使ったこってり醤油スープが、旭川ラーメンの主流。そのなかで異彩を放つお店が、…

ジャンル: 買う

〈近藤染工場〉
彩り鮮やかな大漁旗に宿る
刷毛引き本染めの伝統と心

職人の手で、ひと刷毛ひと刷毛、心を込めて刷られていく染め物。旭川市と同じだけの歴史を重ねてきた〈近藤染工場〉では、創業以来117年間守られ受け継がれてきた昔ながらの染め技法〈刷毛引き本染め〉を伝える、全国的にも数少ない染め物工場です。…

ジャンル: 味わう

宗谷本線人気の駅そば〈常盤軒〉
生産北限の地でいただく
まっ黒なそば!

流れるような動きであっという間にでき上がり、すぐにアツアツをいただける、駅そばならではのスピード感。だけど普通の駅そばとひと味違うのは、この真っ黒い麺!JR宗谷本線の音威子府(おといねっぷ)駅構内にあり、「日本一うまい駅そば」と全国に名を馳せる〈常盤軒〉。…

ジャンル: 知る・楽しむ

廃線を走る〈トロッコ王国美深〉で
〈仁宇布の冷水・十六滝〉へ。
森と滝をめぐる小さな冒険

旭川と稚内の中間に位置し、天塩川の流れる豊かな盆地、美深(びふか)町。40号線沿いにどんどん深くなる森を抜けて北上していくと、道路沿いに古い線路が並走し始めます。向かうのは、廃線になった旧国鉄美幸線の仁宇布(ニウプ)駅。ここには、廃線となった線路の一部を生かして、…

ジャンル: 知る・楽しむ

森の案内人〈森の生活〉。
北海道に自生するトドマツから、
エッセンシャルオイルの
蒸留体験ができる?

まちの財産である森林を育て資源としてフル活用し、森と暮らす健やかな暮らしを推進する、北海道で唯一の環境未来都市に指定されている、下川町。このまちで2005年に発足した〈NPO法人 森の生活〉は森と人との豊かな関係づくりをめざす下川町の森の案内人。…

ジャンル: 味わう

〈モレーナ〉は畑の中の
隠れ家カフェレストラン。
旅の記憶を閉じこめた宝箱

世界を回った旅人ご夫婦が錨をおろしレストランを始めたのは、下川の町外れ、牧草畑に囲まれた農家の一軒家でした。下川の中心部から60号線に入り、しばらく進むとこんな素敵な看板が見えてきます。ここから細い砂利道を進むと、広い畑に囲まれた赤い屋根のレストランと倉庫があらわれ、…

ジャンル: 味わう 泊まる

地元食材を味わえるカフェ付き
〈一の橋バイオビレッジ〉。
自給エネルギー町営住宅に宿泊!

旭川から北東に約100キロ、まちの面積の約9割が森林を占める、人口約3,500人の下川町。2011年に国の「環境未来都市」に認定され、まちが誇る森林資源をあますことなく利用しながらエネルギー自給や移住者の促進、…

ジャンル: 知る・楽しむ 泊まる

絶景の峡谷美に包まれた
〈層雲峡温泉 ホテル大雪〉。
源泉かけ流しの評判のお湯

旭川から車で約1時間。アイヌ語で「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼ばれる大雪山に抱かれた深い渓谷、層雲峡。3 万年前の大雪山噴火後、マグマの冷却によってできた柱状節理の岩肌を長い年月をかけて石狩川が削ることで生まれた、…

Series Posts
コロカル連載ページ 北海道情報まとめ

Recommend