colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

odekake

「産直と道具と喫茶 フナトト」
歴史風情あるうだつの
まち並みにある町家カフェ

おでかけコロカル|徳島編

posted:2014.3.31  from:徳島県美馬市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Web mgazine
Shikoku tairiku

ウエブマガジン四国大陸

「ウエブマガジン四国大陸」は、食、暮らし、自然、風景、仕事、歴史など、四国の密やかな魅力を発信中。四国に住む、デザイナー。編集者、イラストレーターなど、20~40代の他業種のメンバーで運営している。
http://459magazine.jp/

徳島県には“うだつ”の残るまち並みが3カ所残っています。
その中で観光地としても一番有名なのが美馬市脇町にある「うだつの町並み」です。

脇町を中心とした吉野川流域は、江戸から明治にかけて日本最大の藍作地帯でした。
当時、脇町は周辺地域で産出される藍の集積と吉野川の水運を生かすことにより繁栄。
富の象徴であった“うだつ”の上がった立派な商家が軒を連ねました。
今もその面影が残っていて、観光スポットになっています。

その「うだつの町並み」の入口近くにある、
築125年の古民家を改装したお店が「産直と道具と喫茶 フナトト」です。

「フナトト」という不思議な響きの店名は、
店主の田村圭介さんの実家の屋号から。
そして店が川に近いことから名付けられました(船戸=ふなと、船の小屋)。
約90平米の広い店舗は、産直、雑貨、喫茶の3つのスペースに分かれています。

店内には産直コーナーもあり、季節ごとに地元で採れる有機・無農薬の野菜が並んでいます。
ハチミツや米、味噌、ゆず酢など地域の産品に加え、
徳島市で自家焙煎珈琲を販売している「aalto coffee」の珈琲豆や、
徳島市で新鮮で安心な野菜を使ってつくったものを販売している「vegifull」の野草茶など、
店主の気に入ったこだわりの商品も一緒に並んでいます。
また、藍の手延べ麺、藍ノ葉茶、藍チャイなど、
食用の“藍”をつかった商品も店頭に並んでいて、脇町らしさも感じるラインナップです。

藍の葉はデトックス作用、殺菌作用があり、昔は漢方として使われていたそうです。

産直コーナーの奥には雑貨コーナーも。
“人の繋がり”をコンセプトに、縁がある作家を中心にセレクトしており、
徳島県内ではなかなか見かけることのない商品が並んでいます。
そして、一番奥の中庭に面した部屋が喫茶スペースです。
こだわりある本がセレクトされている本棚もあり、自由に閲覧できます。
飲みものを片手に読書をしながらゆっくり過ごすのもオススメです。

店主の田村さんは美馬市の隣の東みよし町出身。
関西のアパレル店舗で10年ほど働き、
3年前に実家のイチゴ農家を手伝うためにUターンしてきました。
「田舎では若い人が集まる場所が少なく、自分もそういう場がほしい」とお店をオープン。
「ここを人が集まり、何かが始まる拠点にしていきたい。
人が出会えるような仕掛けも考えていきたい」
と、さまざまなイベント企画をあたためているようです。

information

map

産直と道具と喫茶 フナトト

徳島県美馬市脇町大字脇町156
電話 050-3433-8411
営業時間 9:30~18:00 火曜休
https://www.facebook.com/funatoto

Tags  この記事のタグ

Recommend