colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

odekake

モダンなこぎん刺しを買うなら
弘前の「green」

おでかけコロカル|青森編

posted:2013.7.10  from:青森県弘前市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

まるごと青森

「おいしいもの好き」「旅行好き」「健康にいいもの好き」。りんごとねぶたと十和田湖と雪ぐらいしかイメージが湧かないなどといわれる(こともある)青森で、そんな「△△好き」の方々のココロに届く情報を青森側から案内するために、2005年3月にスタートしたブログ。取材と執筆を担当するのは、若干ヘンな部分も、ストレートに素晴らしい部分も含めて、青森を愛する匿名のメンバーたち。「凄い素材」をみつけるたびに、青森のポテンシャルを日々実感中。
http://marugoto.exblog.jp/

弘前市内への玄関口で、中心商店街でもある土手町。
その周辺の代官町や和徳町の通りをじっくり歩くと気付くこと。
それは、この界隈にはこだわり専門店や、お洒落なセレクトショップ、
そして昔ながらの大衆食堂などが数多く集まっているということ。
なぜなら弘前の人々はよい物には妥協を許さないからです。

例えば、代官町のセレクトショップ「green(グリーン)」。
ひと言で表現すれば、国内の若手作家の作品を中心に、
雑貨や服を揃えているセレクトショップ。
フェアトレード商品なども扱い、人と地球に優しく、
環境に負荷をかけないライフスタイルも提案するお店です。

お店の顔は、津軽の伝統工芸品でもある「こぎん刺し」をアレンジした雑貨。
これはオーナーの小林さんと、
地元の「弘前こぎん研究所」のコラボレーションによって誕生したそう。
桜の木肌をイメージさせるグレーの生地と、
桜の花を思わせるピンク色の刺繍の色合いがキュートです。

「こぎん刺し」の伝統的技法を守りながら、
女子のライフスタイルに合わせた名刺入れや、お財布、
そして小物入れなどの「こぎん刺し」雑貨は、
伝統とモダンのちょうどいい部分をともに併せ持つ逸品。
その他、若手の津軽塗作家とコラボしたアクセサリーや、
iPhoneのジャケットなども。旅のおみやげにもおすすめ!

map

green
グリーン

住所 青森県弘前市代官町22 1F
TEL 0172-32-8199
営業時間 10:30 ~ 19:00
水曜休

Tags  この記事のタグ

Recommend