colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

odekake

蔵書の数が自慢!
四方を本に囲まれた
「遊歴書房」

おでかけコロカル|長野編

posted:2013.3.7  from:長野県長野市  genre:旅行

〈 おでかけコロカルとは… 〉  一人旅や家族旅行のプラン立てに。ローカルネタ満載の観光ガイドブックとして。
エリアごとに、おすすめのおでかけ情報をまとめました。ぜひ、あれこれお役立てください。

editor's profile

Channel

チャンネル編集部

グラフィックデザイナーの青木圭さんと、編集・ライターの島田浩美さんのふたりで、2011年7月に長野市南県町に小さな本屋「ch.books(チャンネルブックス)」をオープン。「チャンネル」は、そのch.booksの2階を編集部に、隔月で発行されているフリーペーパー。「願わくば誰かの人生のヒントに。刺激に。」そんな目線で、自分たちの価値観や直観を軸に、チャンネルとch.booksは運営されている。ちなみにチャンネルの由来は、仕事で徹夜が続いた中での仲間同士の会話から。「ちゃんと寝る」。
http://chan-nel.jp/
ch.books

蔵書はなんと約1万冊!
ベテラン書店員が作り出す人文書の森

市内大型書店に7年間勤めた経験のある宮島悠太さんが、
善光寺門前にあるビニール工場の倉庫を改修した「KANEMATSU」の一角に、
古書店「遊歴書房」を開いたのは2011年のこと。
高校卒業後、バックパックで世界中を旅し、各地の宿を泊まり歩いたという宮島さん。
宿には様々なバックパッカーが残して行った本が積まれていることが多く、
そんな本から広がる世界を知り、読書にハマるようになったそう。
宮島さんが30代半ばになったある時、
「納得することをしたい」と長年勤めた大手書店を退社、
遊歴書房のオープンへと踏み切りました。

もともと専門書を扱いたいという思いを胸に秘めていたという宮島さんが作り出すのは、
人文科学や歴史、哲学、宗教、社会などの要素が詰め込まれた「人文書の森」。
蔵書はなんと約1万冊にものぼります。
四方の壁をすべて本棚で囲み、国別や文化別に棚を編集し、
世界地図の本棚を作ることで、店に足を踏み入れるだけでどこかに旅したくなるような、
エンターテイメント性のある空間作りを目指しているのだとか。
ちなみに気になる店名の由来は「世界を遊歴して、歴史と遊ぶ」という、
お店のコンセプトイメージだそう。

information

map

遊歴書房 

住所:長野県長野市東町207-1 KANEMATSU

TEL:026-217-5559

営業時間:11:00 〜 19:00

定休日:月曜・火曜

Web:http://www.yureki-shobo.com/

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend