colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈村上隆のスーパーフラット
現代陶芸考〉
村上隆さんの頭の中の
陶芸史を初公開!

コロカルニュース
vol.2058

posted:2017.4.18  from:青森県十和田市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

Photo by Mikiya Takimoto

2017年5月28日(日)まで、十和田市現代美術館にて
〈村上隆のスーパーフラット現代陶芸考〉が開催されています。

これは、世界的に活躍するアーティスト、村上隆さんが
現代陶芸を紹介する展覧会。

奈良美智《舌出しの子》2010 28×37×28cm ©Yoshitomo Nara

熊谷幸治《土偶・ダルマ》2010 17×20.5×21cm

アーティストとしてだけでなく、コレクター、キュレーター、
ギャラリストとしての顔ももつ村上さん。
2016年には古美術から現代美術までの膨大なコレクションによる
〈村上隆のスーパーフラット・コレクションー蕭白、魯山人からキーファーまでー〉が
横浜美術館で開催され、大きな評判を呼びました。
本展ではどのような視点で現代陶芸を紹介するのでしょうか?

撮影:緒方一貴

今回の展示に並ぶのは、青木亮さん、安藤雅信さん、
村田森さん、小嶋亜創さんらの現代陶芸作家の作品、
また、奈良美智さん、小出ナオキさん、青島千穂さん、
大谷工作室さん、ガブリエル・オロスコさん、
ローズマリー・トロッケルさん、クララ・クリスタローヴァさんらの
現代美術作家による陶芸作品など、28作家、約1800点。

クララ・クリスタローヴァ《犬と、眠る》2010 48×16×24cm ©Klara Kristalova, Courtesy of Galerie Perrotin

村木雄児《飴釉破れ壺》2016 直径36×31×口径16cm

次のページ
奈良美智さんと村上隆さんによるスペシャル・トークを開催!

Page 2

撮影:緒方一貴

今回は利休にはじまる茶の湯、柳宗悦を中心とした民藝運動、
デパート陶芸からクラフトフェアまで、多様に展開する陶芸の世界から
日本の価値と美のありようを汲み上げる村上さんの頭の中の陶芸史を初公開。
陶芸の文脈を再考しつつ「芸術とはなにか」に迫ります。
村上さんのキュレーションによる陶芸展は、
美術館では初めてのことだそう!

上田勇児《壺》2015 直径25×28.5×口径11cm

2017年5月13日(土) は、村上さんと
絵画からドローイング、彫刻まで幅広い作品を手がけ
国内外の展覧会で発表を続ける奈良美智さんによる
スペシャル・トーク「陶芸・彫刻・芸術」が開催されます。
トークでは村上さんが考える陶芸史の再考や芸術の価値と美のあり方と、
奈良さんが手がける陶芸作品について語られるそう。
これは楽しみですね!
参加には事前申込が必要となっています。
くわしくはこちらから。

大谷工作室《寝る子》2016 40×36×33cm

また村上さんは、2011年に東京・中野に現代陶芸のショップ
〈Oz Zingaro〉をオープンさせ、海外のアートシーンにも紹介を試みてきました。
こちらは中野ブロードウェイ4階にひっそりとあり、
陶芸や骨董、日本のインテリアに合う現代美術、ソフトタッチの現代美術を取り揃えています。
どちらも、ぜひ行ってみたいですね!

撮影:緒方一貴

撮影:緒方一貴

撮影:緒方一貴

information

map

村上隆のスーパーフラット現代陶芸考

開催日:2017年3月11日(土) 〜5月28日(日)

時間:9:00〜17:00 (入場は閉館の30分前まで)

会場:十和田市現代美術館(青森県十和田市西二番町10-9)

休館日:月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)ただし、4月24日(月)、5月1日(月)は開館。

観覧料:企画展+常設展セット券1000円。企画展の個別料金は一般600円。団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。

出品作家:青木亮、青島千穂、荒川朋子、安藤雅信、アンドロ・ウェクア、石山哲也、上田勇児、大谷工作室、尾形アツシ、小野哲平、ガブリエル・オロスコ、上泉秀人、熊谷幸治、クララ・クリスタローヴァ、桑田卓郎、小出ナオキ、小嶋亜創、清水志郎、鶴野啓司、奈良美智、額賀章夫、浜名一憲、松下昌司、村木雄児、村田森、森岡成好、ローズマリー・トロッケル、渡辺隆之(五十音順)

主催:十和田市現代美術館

特別協力:Kaikai Kiki Co., Ltd.

Web:十和田市現代美術館

Oz Zingaro

Tags  この記事のタグ

Recommend