colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

伊藤まさこさんらが開発した
新しい金沢のお弁当
〈金沢笹寿し 小笹〉

コロカルニュース
vol.2054

posted:2017.4.9  from:石川県金沢市  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

金沢名物〈笹寿し〉の、スタイリッシュなお弁当

北陸新幹線の開業3年目を迎えた石川県金沢市。
訪日外国人数が前年比133%増を記録するなど、観光地として
注目が集まる金沢ですが、実は観光客に地元の食文化を体験してもらえる
代表的なお土産が少ない、という悩みがあったのだそう。

このたび発売された〈金沢笹寿し 小笹〉は、金沢名物〈笹寿し〉のお弁当。
もともと、金沢の各家庭でお祭りやハレの日に作られていた押し寿しを、
40年前に〈芝寿し〉の創業者が笹寿しとして商品化した名物メニューが、
スタイリッシュなお弁当になりました。値段は1,058円(税込)。
金沢駅と富山駅の〈芝寿し〉二店舗、また全国宅配にて発売中です。

紅鮭

〈金沢笹寿し 小笹〉の開発は、株式会社〈Hotchkiss〉の水口克夫さんを中心に行われ、
スタイリストの伊藤まさこさんも参加しています。

笹寿しひとつひとつの大きさを通常よりも小さくし、
地元金沢や北陸にゆかりのある食材を使用した、6種類の具材を入れました。

真鯛

金時草にのどぐろ、生麩巻き寿しまで

加賀野菜 金時草

のどぐろ

国産の素材を丁寧に加工、熟成させた真鯛や
加賀野菜の金時草(きんじそう)、炙ったのどぐろなど、
食べやすいサイズで金沢の食文化が堪能できる組み合わせ。

生麩巻き寿し

こちらは珍しい“生麩巻き寿し”。
生粟麩を揚げて甘辛く煮込み、味をしみ込ませた、
食感豊かな味わいのお寿司です。

次のページ
リデザインしたパッケージ

Page 2

「笹」の一文字をリデザインしたパッケージ

パッケージにあるロゴマークは、創業以来使用している元祖笹寿しの
「笹」の一文字をリデザインしたもの。
伝統の継承と新たな挑戦への想いが込められています。

全ての笹寿しを本物の笹で丁寧に包んだ笹寿しは、
北陸三県で年間1100万個以上の製造数を誇り、
今では石川県のソウルフードとして県民に親しまれる存在。
新しい名物として定着していくことを目指しているそうです。

information

金沢笹寿し 小笹(かなざわささずし こささ)

価格:税込価格 1,058円(6味各1個)

販売店舗:〈芝寿し 金沢百番街店〉(JR金沢駅構内 あんと内) 〈芝寿し とやマルシェ店〉(JR富山駅構内 とやマルシェ内)

Web:オンラインショップ

Recommend