colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈ようびの日用品店〉
岡山県・西粟倉の森に生まれた、
小さな家具のショールームへ。

コロカルニュース
vol.2049

posted:2017.4.7  from:岡山県英田郡西粟倉村  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

ヒノキの家具のパイオニア

岡山県、西粟倉村の森のなかに、
家具と建築を手がける〈ようび〉のショールーム〈ようびの日用品店〉が生まれました。
もともと別荘として使われていた空き家を、ヒノキやスギが香る空間へと改修。
里山の風景のなかで、ようびの家具を体感できます。
住所は来場者のみに公開という仕組みで、完全予約制です。

ようびは地域の風土と職人の技術によって生まれた、
白くて軽くて香り高いヒノキの家具をつくる、
家具のパイオニアとして、これまでもcolocalで紹介してきました。

ショールームがあるのは、西粟倉村のなかでも、さらに山のなか。
本当にあるのかな、とちょっと不安になるほどですが、ご安心を。
美しい里山の風景のなかに、そのお店はあります。

お店までの道のりから見える風景。

「私たちがお店を失ってから(2016年1月に工房を全焼、現在は仮工房で製作中)、
たくさんの方が応援してくださったり、会いに来てくださったりしたのですが、
家具を見ていただく場所がない状態にだったので。すぐに探したんです」
と話すのは、店主の八島結花さん。

そこで、山の麓に広がる風景に、スタッフ一同感動し、ここでやりたいと心に決めて、
何とか人づてに、建物も借りることができたのだそうです。
約1か月をかけて、たくさんの人に手伝ってもらいながら、完成しました。

ショールームにある家具はすべて、ヒノキでつくられています。

ショールームは、森と鳥をテーマにしていて、照明もここに歩いてくるまでに生えているスギやヒノキの枝を拾って、その恵みでつくられています。

次のページ
春は、ミツマタの花が満開の幻想的な森へ

Page 2

春は、ミツマタの花が満開の幻想的な森へ

あえて、山のなかにショールームをつくった理由を、八島さんはこう語ります。

「私たちがつくっている家具というものを、
もっとゆっくり時間をかけてお話しながら『ここで選んで買った』
ということを思い出にしてほしいと思うようになりました。そこで、完全予約制にして、
お渡しする地図を宝探しのような感覚で来ていただけるようにと思っています」

家具の購入相談はもちろん、家具の修理や
ヒノキやスギの内装の相談も受け付けているそうです。

風にたなびく、目印の旗。

里山の風景に、ようびのスツールがよく合います。

そして春のおすすめが、ショールームから歩いてすぐの森に、
ミツマタの花が咲く場所があるそうです。
ミツマタは、手入れが行き届く森に咲く黄色い花。
一面に黄色いじゅうたんのようになる森の風景は西粟倉ならではの
景色と言えるかもしれません。

西粟倉の森と、そこから生まれた家具を体験してみてはいかが。

満開のミツマタの花。2017年はもう開花していて、4月下旬頃まで見られるそうです。

近くで拾ってきたというスギの葉。グラデーションが美しい。四季の飾りつけも、森の恵みを用いて八島さんが自作するそう。

information

ようびの日用品店

TEL:0868-75-3223

営業時間:10:00~、13:00〜、15:00~の1日3組限定の完全予約制

定休日:木曜日

予約はこちらから 来店予約|ようびの日用品店

Web Shop http://youbiloved.thebase.in/

Facebook https://www.facebook.com/youbi.life/

Tags  この記事のタグ

Recommend