colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

働く女子の休日に密着!
〈アクティ部 みなまた〉
水俣のアクティビティを動画で紹介

コロカルニュース
vol.2040

posted:2017.3.26  from:熊本県水俣市  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yoko Yamauchi

山内陽子

やまうち・ようこ●企画と文章。熊本生まれ、熊本育ち、ちょっと放浪、熊本在住。地元を中心に、広告・広報の企画を手がけています。おいしいものが大好きで、お米、お水、お魚、お野菜、いろんなおいしいものにあふれている熊本から離れられません。

熊本県の南部、鹿児島との県境に位置する水俣。
美しい不知火海に面するマリンスポットや、
ほどよいトレッキングコースがある山、海の温泉、山の温泉が、
ギュッとコンパクトに行きやすい場所に点在しています。

福岡からも、鹿児島からも、新幹線にポーンッと飛び乗って、
新水俣駅でポーンッと降りちゃえば、めいっぱい、アクティブな休日が楽しめる。
そんな水俣の休日を動画で紹介している〈アクティ部 みなまた〉をご紹介します。

これは、水俣の真の魅力を知ってもらうべく、地元を愛する人々が取り組んでいる
アクティビティにスポットをあてたもの。
温泉とともに楽しむ水俣ならではのアクティビティで、
水俣での新しい休日の過ごし方を提案したい、と
水俣市観光アクティビティプロモーション実行委員会が制作しました。

平日をがんばって働いてきた女子たちが
水俣でめいっぱい遊んで、食べて、飲んで、楽しむ週末に完全密着。
働く女子ふたり組の、ありのままの休日を
小さなカメラで追っかけたドキュメンタリーです。

シーカヤックに、スウィーツをハシゴの女子旅

現在公開されているのは、#01から#03までの、1泊2日の旅と、
#04、#05の1日旅。

シーカヤック編

1泊2日の水俣旅を体験したのは、福岡県と熊本市から新幹線でやってきた
仲良しふたり組。水俣で合流し、女子旅をスタート!
「普段やらないことやって、思いっきり楽しみたいよね!」
と、ふたりが選んだ旅のコンテンツは、マリンスポーツとスウィーツの食べ歩き。

シーカヤックも、ダイビングも初体験のふたりでしたが、
シーカヤックは、ものの10分で乗りこなし、
風に背中を押されながら、ススイノスイと恋の伝説が残る、恋路島に。
追っかけるカメラマンの存在を忘れて、水遊びや日なたぼっこを楽しんでいました。

食いだおれ編

その後はスウィーツの食べ歩き!
「甘いものは別腹」、とばかりに水俣のスウィーツ店をハシゴ。
できたてアツアツの饅頭を食べたり、フルーツたっぷりのケーキを頬張ったり、
コバルトブルー色のかき氷に驚いたり。

かき氷をスマホで撮影している最中に、
ザザザーっと氷の山を崩してしまうハプニングも!
もちろんその模様も、しっかり動画に収められています。

ちょこちょこと寄り道しながら、ちょこちょこ食べまくるのは、
女子旅の醍醐味。合計4軒をハシゴしました。

次のページ
あの海の生き物に会えたらラブ運アップ?

Page 2

ラブ運アップ?のダイビング!

ダイビング編

1泊2日旅の締めくくりは、ダイビング。
インストラクターの指導でレクチャーを受けたら、すぐに魚たちが待っている海中へ。

実は、水俣の海は「野生のタツノオトシゴ繁殖の聖地」。
ラブスポットとして、若い人たちの間で密かに注目を集めているんです。
ハートを形づくるオスとメスに合えたら、恋を実らせてくれる! とかなんとか。

たくさんの色とりどりの魚たちと戯れ、
もちろん、タツノオトシゴさんにもごあいさつ。

「海の中、めっちゃキレイ!」
「魚たちがいっぱい寄ってきて、かわいいっ」
「タツノオトシゴって、生まれて初めて見た!」と
会話が尽きず、感動しまくりのふたり。ラブ運もアップしたかな?

ダイビング後は、湯の児温泉名物の無料の「露天舟湯」も満喫。
帰りの新幹線では、心地いい疲労感についつい眠ってしまいそうに。
乗り過ごさないように、必死にがんばったのは言うまでもありません。

〈アクティ部 みなまた〉の女子旅を参考に、
暖かくなる、これからの水俣に出かけてみませんか。

information

アクティ部 みなまた

Web:アクティ部 みなまた You Tube Facebook

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend