colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈MIYAGIYA POPUP STORE
at ISETAN SHINJUKU〉
春を感じるうつわと洋服たち

コロカルニュース
vol.2001|Page 1

posted:2017.2.12  from:東京都新宿区  genre:買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2017年2月8日(水)〜14日(火)、
伊勢丹新宿店に〈miyagiya〉のポップアップストアがオープンします!

〈miyagiya〉は、那覇市にある小さなセレクトショップ。
沖縄でつくられている陶器やガラス、衣服、テキスタイル、アクセサリーを
もっと知ってもらいたいと、2012年にオープンしました。

当山友紀

〈touch me not〉

同店のディレクターである宮城博史さんは、とにかく目利き!

「日々の生活がドキドキする連続であるとどんなに楽しいだろう」——そんな思いから、
毎日使われる道具としてのクラフトや衣服をセレクトしています。

すごいのはセレクトだけではありません。
宮城さんと作家さんが一緒につくった、オリジナルプロダクトも素敵なんです。
青いふちどりが美しいお皿は〈miyagiya〉でも人気のラインシリーズ。

宮城正幸『ブルーラインプレート』

このお皿、何かに似ていませんか?
じつはこちら、フランスのホーロー皿が好きな宮城さんが、
それを沖縄の陶器「やちむん」でつくってしまったというもの。

製造は沖縄県南城市でやちむんをつくっている
宮城正幸さんが手がけました。
ふちどりのブルーは、やちむんらしいコバルトブルーの釉薬で表現。
フランスと沖縄らしさが見事にマッチしたお皿になっています。

宮城正幸『ブルーラインプレート』

宮城正幸さんにお願いしたのは、彼が際立って美しい白い器を手がける
つくり手だったからだとか。
「白のお皿は食器の基本だと思う」という、ディレクターならではのこだわりです。

昨年〈miyagiya〉にて開催された宮城正幸個展〈NEW BLACK NEW WHITE〉のキービジュアルより。 Photo & art direction : tsukue

今回のポップアップストアには、宮城正幸さんの
ペルシャブルーのうつわが登場するそう。
新しい作品も楽しみですね。

宮城正幸『ペルシャブルーカップ』

ラインシリーズにはガラス工房〈奥原硝子製造所〉と一緒につくった
ガラスのタンブラーもあります。

奥原硝子製造所『ブルーラインボウル』『ブルーライングラス』

〈奥原硝子製造所〉は、昔ながらの製造法を今に伝える、貴重なガラス工房。
ガラスをリサイクルし、職人による手吹きで製品をつくっています。
〈miyagiya〉とのオリジナルプロダクトでは、澄んだ色を表現するために、
リサイクルするガラスにもこだわっているのだそう。
いまは昔ながらのジュース瓶が減っているので、
リサイクルに適したガラスを探すのも大変なのだとか。

「もっと毎日使いのワイングラスがほしい」という思いから生まれた『ビストログラス』(奥原硝子製造所)。ヨーロッパのビストロで使われているような安定感のあるグラスです。たっぷり200cc入るのもこだわり!

〈miyagiya〉のオリジナルプロダクトは、
直線的であったりシンプルであったり、
現代的にデザインされているところがさすが。
伝統工芸の良さが生きた、今の食卓に合ううつわが見つかります。

Recommend