colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

〈蟹取県ウェルカニキャンペーン〉
監督・森翔太に聞く!
カニ動画秘話

コロカルニュース
vol.1985|Page 1

posted:2017.1.25  from:鳥取県  genre:食・グルメ / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

いま、鳥取県には旬のカニが大大集結中!!!! 
この迫り来る美味の嵐を全国の皆様に味わってほしい!!! 
そんな思いから鳥取県で開催されている、
〈蟹取県ウェルカニキャンペーン〉。

2017年2月28日までのキャンペーン中に、対象の旅館・ホテルに宿泊すると
松葉がになどの豪華景品がもらえるキャンペーンです。
詳しくはこちら

この〈蟹取県ウェルカニキャンペーン〉では、
さまざまにインパクトのあるPRが行われているのですが、
中でも話題になったのが、鳥取県出身の映像作家、俳優である
森翔太による映像シリーズ。

空港の蛇口からカニが出て来る「カニ蛇口」、
高校生が修行する「カニ拳」など、
ユニークな作品がYouTubeで公開され、大きな話題になりました。

森翔太さん

コロカルでは森翔太さんにインタビュー!
個性的な作品の創作の裏側をお伺いしました。

ーー森翔太さんがこのプロジェクトを手がけるきっかけを教えてください

森:自分がお話をいただけたのは、鳥取県出身だからという点がもちろん大きいと思います。
広報戦略課の担当者の方が「もうなにやってもいいので、全部やりましょう!」と
いう最高な言葉を言ってくださったので、是非にもやりたいと思いました。

ーーそれでは、それぞれの撮影コンセプト、エピソードなどをお教えください。

スーパー店員「カニ浮遊」

ーーまずはスーパー店員「カニ浮遊」から。

森:「蟹が浮いたら面白いですね!」と、
プランナーの栗林さん発案のもと、
できるだけリアルっぽく映るように演出して撮影をしました。

テスト中

夜のスーパーマーケットが閉店間近の2時間しか
レンタルできなくて、すごく急いで撮影した覚えがあります。
実は画面の見えないところで、数人で蟹を糸で吊っているんですが、
見えないところでたくさん労力が使われています。
テイク的には20回以上、カメラ(iPhone)も3つ使って、
最終的にどのテイクがいいのか、選ぶのがとても大変でした。

ただ、全体の中ではこれが一番準備期間が短かったです。
メインに映っているスーパー店員さん(こちらはマジシャンくっぴさんという方です)の
指導のもと、前々日の夜にみんなで集まって、
蟹を浮かす練習をしたりしました。
夜遅くまで大人が蟹を浮かし合っているのです。
これが僕の青春だって思いました。

カニニュース「カニ蛇口」(鳥取カニ動画)

ーー続いて空港の蛇口からカニが出てくる「カニ蛇口」。

森:米子鬼太郎空港という、本当にある空港を使わせていただきました。
このカニ蛇口を作ったのは、私の父です。撮影にもエキストラとして
ひょっこり出演しています。

お父さん

カニ蛇口は間際までどうやって作ったらいいかわからず、
父に相談したところ、「OKだ。1日で作ってやる」と言って、
本当に一日で作っていました。
僕の父は、現在、自営業でダンボール会社の会長をしているので、
朝飯前みたいに完成させていたのには感服しました。

本番ではなかなか思ったように蟹の身が出てこず、
最後に佐藤さんが登場する以外の場所では、僕が蟹の身を押し出しています。
あの映像に登場しているエキストラの子供や、蟹蛇口の中の人は、
BSSディレクターのご家族の方です。今回の動画は、
いろんな関係者の身内が総出演してる、とても温かい動画とも言えます。

Recommend