colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

日本のカキ事情を
インフォグラフィックスで知る!
竹崎カキのPR動画
〈世界の半分以上が日本由来の意外なもの〉

コロカルニュース
vol.1981

posted:2017.1.17  from:佐賀県藤津郡太良町  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

世界で食されるカキの大半は、なんと日本由来のマガキ!

都市部でも見かけるようになった、「カキ小屋」と名の付いたカキ専門店。
そのカキ小屋発祥の地と言われるのが、カキの名産地である佐賀県藤津郡の太良町。
このたび、太良町による、インフォグラフィックス(データをわかりやすくデザインしたもの)
によって日本のカキの特徴、世界のカキ事情を紐解く動画
〈世界の半分以上が日本由来の意外なもの〉が公開されました。
太良町の、肉厚で美味しいブランドカキ「竹崎カキ」を知ってもらうための動画だそう。

ところで「カキ小屋」とは、
ちまたではカキが食べられる店という認識が広まっていますが、
もともとカキ小屋は、海岸沿いに建てられた
カキを焼いて食べるための簡素な小屋のことでした。

カキ小屋がずらりと並ぶ有明海沿いの国道、通称「たらカキ焼海道」。一度は行ってみたい!

店によってルールは異なりますが、
バケツに盛られた殻付きのカキをキロ単位で購入して、
自分で焼いて食べるというのが、多くの店の共通点。

バーベキュー感覚でカキを焼いて、
お腹いっぱい食べられるのが、カキ小屋の醍醐味です。

カキ小屋では、カキを一斗缶で蒸し焼きにして
旨味を閉じ込める豪快な浜料理「ガンガン焼き」など、
漁師が考案した独自の食文化が楽しめる場所でもあります。

日本中に広まったカキ小屋の発祥の地は、佐賀県の太良町。
元を辿ると、魚介類直売所でカキを焼いていたところ、
お客さんが増えてセルフサービスで焼いてもらうようになり、
屋根ができて壁ができて、いつのまにか小屋になったそうです。

海外ではオイスターと呼ばれるカキ。フランスで食されているカキは日本由来のものが大半だそうです。

次のページ
3分でカキに詳しくなれる

Page 2

国内での生産量は、広島県がダントツ。瀬戸内海沿いにもカキ小屋は多数あります。

竹崎カキの魅力を紹介。カキの成長に適した特別な自然環境が有明海にはあるんです。

約3分間で、知ってそうで知らなかったカキの魅力に触れられる本動画。
世界のカキ、日本のカキ、有明海の特徴をデータで紐解き、
インフォグラフィックで図解化してクールに見せてくれます。

information

世界の半分以上が日本由来の意外なもの

Web:YouTube

Tags  この記事のタグ

Recommend