colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

冬本番。
茨城に〈あんこう鍋〉
の季節がやってきた!

コロカルニュース
vol.1954

posted:2016.12.13  from:茨城県東茨城郡大洗町  genre:食・グルメ / 旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

まさに聖地!? 大洗町にあんこう鍋の季節が

いよいよ冬本番! 寒くなると恋しくなるのが鍋。
人気アニメ『ガールズ&パンツァー』の舞台としても
知られる茨城県の大洗町(おおあらいまち)に、〈あんこう鍋〉の季節がやってきました。

大洗町あんこう吊るし切り

あんこうは、西のふぐ、東のあんこうと言われる高級魚。
なかでも茨城で獲れるあんこうは、“常磐もの”として人気。
冬の寒い海を越すために肝が肥大化する、11月から3月が一番美味しい時期とされています。

あん肝は、見た目と食感から「海のフォアグラ」とも言われ、お酒の肴としてお馴染みですが、
実はあんこうは、骨以外の部分全てを食べられる魚。
身、肝、ひれ、えら、皮、ぬの(卵巣)、胃袋の全てを
余すところなく食べられるのが、〈あんこう鍋〉の魅力です。

地域によりベースとする味は変わりますが、大洗町では味噌味が一般的。
あん肝を鍋で炒り、そこにスープや野菜などを加えた後、
あんこうの身など全てを加えて完成!

茨城県央部発祥と言われる「あんこう供酢」

あんこう供酢は、水戸・大洗などが発祥といわれるあんこう料理。
あんこうの身や皮などを湯引きし、
あん肝を酢味噌に溶かした特製のタレで食べる調理法です。
大洗を訪れたら、是非味わってみてください。

次のページ
お肌にいい!?あんこう鍋

Page 2

旨味が凝縮している「あん肝」

あんこうの白身の部分は脂質が少なくヘルシー。
ビタミンBが含まれ、皮膚や粘膜の健康維持、そして貧血予防に良いとされているあんこうを
まるごと食べられるあんこう鍋は、とくに女性におすすめです。

さらに大洗町が舞台となっているアニメ、“ガルパン”こと
『ガールズ&パンツァー』劇場版はただいま全国公開中。
また、〈大洗町×蝶野正洋コラボキャンペーン〉など、謎の面白キャンペーンも実施中とのこと。

大洗観光協会 『よかっぺ大洗』に、
大洗のあんこう食べ歩きマップが掲載されています。
ほか、茨城県内であんこう鍋が食べられるお店のマップを茨城県観光物産協会が公開しています。こちらもあわせてぜひ!

information

map

茨城県東茨城郡大洗町

Tags  この記事のタグ

Recommend