colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

100万回再生の「公約」達成!
別府に遊園地ならぬ
「湯~園地」ができる!?

コロカルニュース
vol.1940

posted:2016.11.27  from:大分県別府市  genre:活性化と創生 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

大分県別府市が発表した、
温泉につかりながらジェットコースターに乗れる!? という、
遊園地ならぬ“湯~園地”計画。

この実現にむけた公約ムービー『別府市・湯~園地計画』が、
YouTubeで公開されました。温泉と遊園地を融合させた、
アミューズメント施設「湯~園地」が描かれます!

人が入れる温泉として世界一の湧出量を誇る別府市。
このムービーは、市がビジョンとして新たに掲げる“遊べる温泉都市構想”の
コンセプトを表現したもの。

温泉につかりながら楽しめるジェットコースターや、
あたかも家族風呂のようなあたたかさを持つ観覧車、
市内路上での温泉を使ったアトラクションなどなど…。

このムービーの全体プロデュースは、NTT docomo『森の木琴』(2011)や
おんせん県おおいた『シンフロ』(2015)にも関わる、
〈Invisible Designs Lab〉の清川進也さん。

別府市内で約90年の歴史を持つ遊園地〈ラクテンチ>に12トン以上の温泉を輸送。
別府市長・長野恭紘をはじめとした総勢150人の市民エキストラが参加! 
地元消防署協力のもと、消防ホースを用いて、遊園地内での温泉の運搬や散布を行う等、
まさに市民一丸となって制作されたのだそう。

宣誓書に署名する市長

本ムービーにあたって市長が発表した公約は、
「YouTubeでの再生回数が100万回を達成した場合、実際に別府市内で本計画を実行する」
というもの。

そして、11月21日のムービー公開から4日目にあたる11月24日、
公約実行の100万回再生を達成しました!

やりました!

次のページ
別府市長からのThank“湯〜”レター

Page 2

歓喜に湧く別府市長と別府市観光課職員

この達成を記念し、別府市長からの感謝の言葉として
「Thank“湯〜”レター」が公開されました。

Thank“湯〜”レター

今後、別府市では計画詳細の策定を進めるそう。
施設については改めて発表されるとのことで、今後の展開が楽しみです!

information

大分県別府市『spamusement park project 「湯〜園地」計画』

Web:YouTube

制作主体:大分県別府市

企画・制作:Invisible Designs Lab+Drill

Recommend