colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

子どもたちと
こいのぼりをつくろう!5年目の
〈神戸スイミープロジェクト〉
スタート

特集・CLASS KOBE × コロカルニュース
vol.1599

posted:2016.3.23  from:兵庫県神戸市  genre:アート・デザイン・建築

sponsored

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

子どもの成長を祈願する日本の伝統文化、こいのぼりと、
絵本『スイミー』の世界がコラボレーション!
今年も〈神戸スイミープロジェクト〉が始まります。

これは、子どもの日に向けて、10メートルの白無地こいのぼりに
子どもたちがお魚の〈スイミー〉を描くプロジェクト。
2016年4月2日(土)から5月5日(祝・木)にかけて、
制作・掲揚イベントが神戸市内各地で開催されます。

開催5年目を迎えたこのイベントは、
小さなスイミーが集まった大きなこいのぼり〈スイミーこいのぼり〉を
子どもたちと一緒につくり、展示するもの。
今年用意されたこいのぼりは24匹。
神戸だけでなく、東日本を含めた全国18地域と
台湾、アメリカ、モンゴル、カンボジア、イタリア、ニューカレドニアの
6か国の子どもたちが参加します。

クリエイターによるライブペイント。

2016年4月2日(土)、3日(日)には、
〈神戸ハーバーランドumieセンターストリート〉にて、
全国からクリエイターを招き、
こいのぼりに描くスイミーを着色するライブペイントアートイベントや、
子どもたちもアート制作に参加できるイベントを開催します。

ステージでは化学実験教室やクリエイタートークショーも実施されるそうで、
子どもも一緒に楽しめるイベントになりそうです。

次のページ
鯉のぼりの通り抜け

Page 2

こいのぼりの通り抜け

このイベントは、子どもたちが絵本『スイミー』から
“個性” と “協力すること” について学んでほしいという想いから始まりました。
絵本の『スイミー』では、兄弟の中で1匹だけ姿形の異なるスイミーと、
力を合わせて大きな魚に立ち向かった魚たちが描かれます。

子どもたちにこいのぼりの制作を通して
“個性を出してもいいこと”、“友だちと協力すること”、
“多くの人たちとつながることで大きななにかができること” を
学んでもらうきっかけをつくりたいのだそう。
その活動は、いま海外にも広がっています。

『スイミープロジェクト2016』の作品制作は、4月2日(土)から約30日間開催。
完成後は5月3日(祝・火)神戸にて〈スイミーこいのぼり〉24匹を
クレーンと6個のアドバルーンを使って掲揚し、
子どもたちの夢と成長を祈願します。

それまでには小さな持ち帰り用スイミーこいのぼりがつくれるワークショップや、
生田神社での〈目入れ式〉、〈通り抜けイベント〉などなど、
たくさんの催しが行われます。
開催されるイベントの日程や会場など、詳細は公式サイトにて。

神戸市のキャラクター〈コーベアー〉と〈わるタン〉も参加。

information

スイミープロジェクト2016

会期:2016年4月2日(土)〜5月5日(祝・木)

会場:神戸ハーバーランドumieセンターストリートなど神戸市内各地

Web:公式サイト

Recommend