colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

雨の日も心晴ればれ!梅雨時を
ちょっと軽やかにしてくれる
「Coci la elle」の雨具と
レインスカート

コロカルニュース
vol.1188

posted:2015.7.6  from:東京都江東区  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

雨の日のおでかけは、ちょっとめんどう。
「Coci la elle(コシラエル)」は、そんな雨の日を
ちょっと軽やかにしてくれる傘のブランド。
日傘作家・デザイナーのひがしちかさんが、
日傘をキャンバスのように描くことからはじめたブランドです。

2010年に初個展を開くと、夢見るような色彩の傘たちが
じわりじわりと噂に。
ひがしさんが一つひとつ手描きした日傘は、まるでアートのようです。

日傘「shining」

日傘「appartement」

いまではひがしさんが描く絵や写真のコラージュを
プリントした生地の雨傘やスカーフ、レインコートなどもつくっています。

今日は、梅雨時にぴったりな雨傘と雨具をご紹介します。
一つめは、さまざまなニュアンスのブルーが弾ける雨傘「BLUE&BLUE」。
ワンタッチで開けるジャンプ式になっています。

Photo Yoichi Onoda

色あざやかなフラッグがはためいているかのような雨傘「oui , non」。
「コシラエル」の雨傘はハンドルもオリジナルで、
たたんだ時の姿もエレガントです。

Photo Yoichi Onoda

ひがしさんの描く色彩は、みずみずしくて、
雨の景色にも映えるよう!
人気の柄は早々に売り切れてしまうこともあるとか。

Photo Yoichi Onoda

おつぎは、レインコート。
黄色、緑、青、赤の4色で展開しています。

Photo Yoichi Onoda

Photo Yoichi Onoda

さらに「コシラエル」には
レインコートならぬ「レインスカート」もあるんです。

ページトップ写真 Yoichi Onoda

Page 2

レインスカートは、雨の日も、晴れの日にも着れるスカート。
タックが入ったクラシカルな形のスカートです。

Photo Yoichi Onoda

Photo Yoichi Onoda

雨傘と同じ撥水加工を施したポリエステルの生地を
使用しているので、雨が気になりません。
晴れの日に着てもかわいい!

今年の春、東京の清澄白河に「コシラエル」のアトリエを併設したお店がオープンしました。

Photo Yayoi Arimoto

こちらのお店で、7月15日(水)まで「寄木細工と日傘展」が開催されています。
会場に並ぶのは、指物師・藤田幸治さん手がけた寄木の傘のハンドル、
石突、ボタンたちと、ひがしさんの絵がひとつになった日傘。
これはすてき!

Photo Shinichiro Fujita

「コシラエル」の傘は清澄白河のお店やウェブストアなどで購入できます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

コシラエル本店
住所 東京都江東区三好2-3-2,1F
電話 03-6325-4667
営業時間 11:00-18:00
休業日 月曜日、年末年始、お盆
アクセス 東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅 B2出口より徒歩5分/都営大江戸線 清澄白河駅 A3出口より徒歩7分

コシラエル
ウェブストア
Facebook

ページトップ写真 Yoichi Onoda

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend