colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

SMALL WOOD TOKYO
「敷くだけフローリング」
多摩産木の無垢フローリングが
自分で敷ける!

特集・木のある暮らし × コロカルニュース
vol.0933

posted:2014.12.26  from:東京都あきる野市  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築 / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  「木のある暮らし Life with Wood」からのニュースです。
日本の木材を活用した新しい商品、ユニークな商品、ヘルシーな商品の情報や、
木に触れる、木の良さを知るイベントやプロジェクトのことなどをキャッチ!

肌にも目にも和やかな、無垢の木のフローリング。
大掛かりなリフォームをすることなく、
自分で敷くことができたらいいですよね。
そんな夢を叶えてくれるのが「敷くだけフローリング」。
材料は東京・多摩産のスギ・ヒノキ。
スギはやわらかく温かみがあり、
ヒノキはきめ細やかですべらかです。
自然の木の特長を活かすために塗装も防腐処理も施していません。
普通使われている合板のフローリングよりも、
消臭効果、調湿効果、断熱効果と良いことづくめです。

床材の側面の凹凸をはめこむだけで良いので、クギやネジで留めずとも収まり良く敷くことができます。

このプロダクトを手がけるのは「SMALL WOOD TOKYO」。
東京の山側に唯一残る木材協同組合「秋川木材協同組合」の
理事長も務める「(有)沖倉製材所」の代表取締役・沖倉喜彦さんと、
合同会社++の代表社員・安田知代さんが立ち上げたブランドです。
フローリングなどの加工は沖倉製材所によるもの。
高い技術力と有り余る木への愛で、東京の山で採れた木材を、
ていねいに加工しています。

杉を伐採中

「SMALL WOOD TOKYO」では、フローリングのほかにも
東京産木材の家具などを販売中。
床板、風呂フタなど、かつては無垢の木でできているのが
当たり前だったものが、ほとんどがプラスチックや
合成品に取って代わられている現在。
「SMALL WOOD TOKYO」では、それらを再び蘇らせることで
東京の林業や森の再生を目指しているのだそう。
通信販売はWebサイトより。

「SMALL WOOD TOKYO」

Recommend