colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

朝ごはんが特別な時間になる。
秩父の栗古材を使った
ツグミ工芸舎「パンの友セット」

特集・木のある暮らし × コロカルニュース
vol.0828

posted:2014.10.15  from:埼玉県秩父市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  木のある暮らし Life with Wood」からのニュースです。
日本の木材を活用した新しい商品、ユニークな商品、ヘルシーな商品の情報や、
木に触れる、木の良さを知るイベントやプロジェクトのことなどをキャッチ!

埼玉県秩父市にて、夫婦で木の工房を営まれている「ツグミ工芸舎」さん。
秩父の山の自然と生き物たちに囲まれ、沢水を生活水として、
木を使ったものづくりに取り組んでいます。
お二人が使う材料は、身近にある古材や間伐材、生樹など。
できるだけ手作業で作られる、木の美しさを活かした
ぬくもりのあるアイテムは、使う人をほっとさせてくれるんです。

本日ご紹介するのは、埼玉県秩父産のクリ古材で
作られた、「パンの友セット」。
バターナイフとジャムスプーン、はちみつサーバーの
3点セットです。ジャムスプーンは、
びんの底のジャムもきれいに取り出すためにヘラ状に加工
されていたり、かわいらしいだけでなく、機能性にもすぐれたもの。

栗はツグミ工芸舎さんがメインとして使用している材木。
栗は、防腐剤なしに、枕木として使用しても、
約8〜9年は持つと言われる程、水湿に耐え、保存性が高いという
性質があります。ご家庭でも末永く活躍してくれるでしょう。
価格は2,400円(税抜き)です。

ツグミ工芸舎
・「パンの友セット

Recommend