colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

書籍「大人が作る秘密基地」には大人たちをわくわくさせるアイデアがいっぱい。京都にて出版記念トークを開催!

コロカルニュース
vol.0739

posted:2014.8.15  from:京都府京都市  genre:ものづくり / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

子どもの頃にあこがれたツリーハウスや、秘密の隠れ家。
「大人が作る秘密基地」では、そんな夢を追いつづけている大人たちが作った
全国各地、18の秘密基地を紹介しています。

8月30日(土)、京都のHAPSにてこの本の刊行記念イベントが開催されます。
出演者は、京都を拠点に活動する建築のリサーチユニット「RAD」の建築ディレクター、
川勝真一さんと、本の著者であり編集者の影山裕樹さん、
HAPSエグゼクティブ・ディレクターの遠藤水城さん(ファシリテーター)。
本の中で取り上げた秘密基地を紹介しつつ、
秘密基地的な場をつくることの意味や可能性についてトークを展開し、
RADが参加する「大見新村プロジェクト」や、
京都の芸術家コミュニティづくりに取り組んでいるHAPSの実践にも切り込みます。

■書籍「大人が作る秘密基地」とは?

この本では、全国各地にある18の秘密基地を7つの類型に分け、
写真や竹田嘉文さんのイラストとともに紹介しています。

・セルフビルド(蟻鱒鳶ル/2階建てキャンピングカー)
・廃墟・屋外(BEACH PARTY/星山温泉)
・ツリーハウス(SLOW BASE/むうじん館/なんじゃもんじゃカフェ)
・リフォーム(RSミサカ/ハレルヤ工房/SHUHALLY)
・たまり場(UDOK./こすみ図書/kvina)
・公共空間(潮目 大津波資料館/貸はらっぱ音地)
・ビジネス(co-lab/ドラマチック/レインボー倉庫)

さらに、さまざまなジャンルの専門家が特別寄稿。

・極地建築家の村上祐資さん「月面基地の考え方」
・社会学者の毛利嘉孝さん「社会のスキマを生きる〜スクォッティングという実践」
・青森公立大学国際芸術センター青森学芸員の服部浩之さん「アートスペースとしての秘密基地」

そのほか、秘密基地が登場する映画やアニメの紹介や、
基地を作るための実践的なアイデアなど、さまざまなトピックを載せています。
この本を読むと、じつは秘密基地にはアートや建築、
まちづくりに応用できるアイデアがたくさんあるんだ、ということに気づかされます。
子どもの頃あこがれていたという方も、
建築などに興味があるという方も、ぜひお手にとってみてください!

イベントのお申し込み方法は、公式サイトからどうぞ。
『大人が作る秘密基地』出版記念トークin京都
書籍情報『大人が作る秘密基地』

Recommend