colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

鹿児島を悩ませる火山灰の缶詰。
その名も、桜島の
「ハイ!どうぞ!!」

コロカルニュース
vol.0036

posted:2013.5.11  from:鹿児島県垂水市  genre:活性化と創生 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

おみやげやさんでよく「高原の空気」のカンヅメなどが売られていますよね。
その火山灰バージョンが鹿児島県の桜島から登場、その名も「ハイ! どうぞ!!」。
張り切って道の駅などで販売されています。

鹿児島ではいまも火山灰が振る日があり、灰が振る日は傘を持って外出したり、
布団を干せなかったり、といろいろ大変な思いをされています。

その地元民を悩ませる灰をカンヅメにして売ることで、
鹿児島もがんばっていこうという思いが込められているそうですよ。
今年は大正3年の桜島大噴火から100年。
シーカヤックツアーなど、いろいろな催しが活発に行われるようです。

桜島大正噴火100周年Webサイト

Tags  この記事のタグ

Recommend