colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

沼津に〈INN THE PARK〉誕生!
森のなかにテントが
浮かぶ泊まれる公園。一歩先をいく
パークリノベーション!

コロカルニュース
vol.2239

posted:2017.11.1  from:静岡県沼津市  genre:旅行 / 活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

静岡県沼津市に誕生した“泊まれる公園”とは?

静岡県沼津市に“公園に泊まる”という新しい発想の
施設〈INN THE PARK イン・ザ・パーク〉がオープンしました。

ロケーションは、静岡県沼津市で30年以上にわたり愛されてきた「少年自然の家」跡地。
代々木公園に匹敵する約60ヘクタールの空間を生かしてリノベーションし、
宿泊、飲食、アクティビティを楽しめる空間に生まれ変わりました。

ユニークなのは、建物を丸ごと借りられる宿泊施設! 
森のなかに浮かぶ球体型の吊テントや、天窓のあるドームテント、
8名まで収容可能な宿泊棟に泊まれるんです。

吊テント 宿泊料金20,000円(税別)定員2名 ※添寝されるお子様は定員に含みません。Photo:TAKAYA SAKANO

吊テントのなかにはベッドが2台あり、浮遊感を楽しみながら眠れるのだそう。
これは泊まってみたいですね!

宿泊棟 宿泊料金50,000円(税別)定員8名 ※1棟貸切。添寝されるお子様は定員に含みません。Photo:TAKAYA SAKANO

Photo:TAKAYA SAKANO

敷地内には、キャンプとは一味違う屋外レストランや
雨天でもゆったり過ごせるサロンなども。
今後は芝生広場を使ったナイトシアターや音楽イベント、
地元の方を講師に招いた星空観察や野草・山菜の採取と調理、
昆虫採集のワークショップなども行っていく予定だそう。

次のページ
沼津市とオープン・エーによる公民連携のパークリノベーション

Page 2

沼津市とオープン・エーによる公民連携のパークリノベーション

Photo:TAKAYA SAKANO

リノベーションを手がけたのは沼津市と設計事務所〈オープン・エー〉。
INN THE PARKは、沼津市で長年親しまれ2017年春に運営を終了した
青少年向け自然体験施設〈沼津市立少年自然の家〉の跡地を活用するために
始まった公民連携の事業なのです。

今後は、敷地内に移動式カフェやテントを新設増設したり、
地元の食材を扱うマルシェを開催したりと、
公民連携のスキームを最大限に生かした事業を展開していきたいとのこと。
一歩先をいくパークリノベーションといえそうです。

また、地元とつながる工夫もたくさん。
たとえばディナーには、三島のパン屋さん〈Bourangerieつみき〉のカンパーニュや、
沼津にある無農薬・無化学肥料野菜のセレクトショップ〈REFS(レフズ)〉から届く
地場野菜のバーニャカウダソース添えなど、地元の食材をふんだんに使った料理を用意。
炭火を使って自分たちで調理するのも楽しそうです。
今後の展開も楽しみですね!

予約方法は?

〈INN THE PARK〉の公式サイトの空室カレンダーを確認、
名前/希望の日程/人数/希望の宿泊場所(ドームテント/吊りテント/宿泊棟)を
メールでreservation@innthepark.jpまでご連絡ください。

information

map

INN THE PARK

住所:静岡県沼津市足高220-4

アクセス:東名高速道路「沼津」インターチェンジから約9分(約3.5km)/東海道本線「沼津」駅からタクシーで約18分(約7km)

宿泊料金:宿泊棟50,000円/ドームテント16,000円/吊テント20,000円 ※別途食事代(夕・朝食1名で税込5,400円)が必要となります。お子さまの食事については相談を承ります。素泊まりは行っていません。

運営:株式会社インザパーク

開業:2017年9月

問い合わせ:info@innthepark.jp

Web:INN THE PARK Facebook

Recommend