colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

「おいしぃぃぃ~!」と叫ぶ
ムンクのどら焼きセット。
大塚国際美術館から
ムンクスイーツ新登場

コロカルニュース
vol.2215

posted:2017.10.5  from:徳島県鳴門市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

陶板で再現された名画が揃う、徳島県鳴門市の〈大塚国際美術館〉。
これまでにも〈『最後の晩餐』ユダの銀貨チョコレート〉など、
個性的なオリジナル商品を生み出してきたアイデア満載の
この美術館から、またまた新しいスイーツが登場。

あの名画、ムンクの「叫び」の焼印がついた
新商品〈ムンクのどら焼きセット〉が、
美術館内のカフェ・ド・ジヴェルニーの新メニューとして発売されました。

どらやきの中には、鳴門特産のさつまいも“鳴門金時”のまろやかな餡がたっぷり!
しっとりとした皮には、ムンクの焼印が怪しく、かわいく入っています。
セットのドリンクは、阿波晩茶。徳島県では古くから親しまれてきたお茶で、
香りもよく、さっぱりとした少し酸味のある味わいが特徴です。

また横にそえた“おかき”は、徳島の老舗が素材にこだわり、
昔ながらの製法で丁寧に作った無添加のお菓子。
ムンクの絵のように、思わず「おいしぃぃぃ~!」と叫んでしまうような、
オリジナルスイーツになっています。価格は600円(税込)です。

※カフェのみのご利用はできません。(要入館料)

次のページ
イベント「おいしい名画~名画の中の食卓~」

Page 2

このムンクのどら焼きセットは、2017年12月1日(金)から開催される
イベント〈おいしい名画~名画の中の食卓~〉にちなんだ先行メニュー。
〈おいしい名画~名画の中の食卓~〉では、「食」をキーワードに古今の西洋名画
が紹介されます。こちらも楽しみです。

〈大塚国際美術館〉が所蔵するのは、古代壁画から現代絵画まで、
1000点を超える世界の名画を特殊技術によって、陶板で原寸大に再現したもの。
レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」、ゴッホ「ヒマワリ」、
ピカソ「ゲルニカ」など、誰もが一度は見たことがあるような名画が一堂に会し、
日本にいながら世界の美術館を体験できるのが特徴。
ぜひスイーツと合わせて、体験してみてはいかがでしょうか。

information

map

大塚国際美術館内 カフェ・ド・ジヴェルニー

住所:徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園内

TEL:088-687-3737

営業時間:10:30~16:00 ※カフェのみのご利用はできません。(要入館料)

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、その他特別休館あり。連続休館日:2018年1月15日(月)~1月19日(金)、2018年2月13日(火)~2月19日(月)、臨時休館日:2018年3月20日(火)

Web:公式サイト

Recommend