colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

自給自足のイタリアンシェフ
笹森通彰さんワークショップ
〈TERRARIUM JAPAN
RESEARCH〉開催!

コロカルニュース
vol.2173

posted:2017.8.17  from:東京都  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanami Fujita

藤田佳奈美

ふじた・かなみ●東京都出身。グラフィックデザイナーを経て、オウンドメディアや雑誌のライター、女性向けサイトの編集ディレクターに転身。ほぼ何でも屋と化し、サイトのバナーデザインやイラスト作成も手がける。夜はだいたい隅田川沿いで飲んでる。Twitter

credit

写真:ただ(ゆかい)

2017年9月14日(木)、東京・表参道の〈テラリウムカフェ〉で、
美と健康を思う女性へ向けてオーガニックカルチャーを
発信する〈テラリウム表参道〉と『コロカル』がコラボし、
ワークショップ〈TERRARIUM JAPAN RESEARCH〉を開催します。

このワークショップは、日本全国から、
心と体にプラスとなるモノやコトをコロカルが発掘し、
表参道でリアルに体感できるイベントシリーズの第1弾。

記念すべき第1回の講師として、青森・弘前にある
自給自足イタリアン〈オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ〉
オーナーシェフ・笹森通彰さんを招いて、自給自足の取り組みについてのお話や、
笹森さんが育てた野菜を使ったサラダの盛り付け体験、自家製チーズ&シードル体験を行います。

オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノは、
野菜や果物をはじめ、ワインやシードル、チーズ、生ハムなど、
レストランで提供する素材のほとんどが、笹森さんの自給自足によるもの。
そのこだわりが強く反映された料理に舌鼓を打つためだけに、
わざわざ遠方から訪れるお客が多いほど、グルメな人々に愛されています。

地産地消の上を行く、究極の自給自足レストランとは?

コロカルでは笹森さんの農場やレストランを事前にリサーチ。
農場には、ズッキーニや木イチゴ、アーモンドをはじめとする数十種類の野菜や果物、
ハーブ、花卉が安心安全に育てられていました。
また、岩木山の麓にあるぶどう畑には、5種のぶどうが実をつけ、
冬にはワインの仕込みが始まるといいます。
今回は弘前のりんごを使った自家製のシードル3種(冬仕込み、春仕込み、夏仕込み)を味わえます。
冬仕込みは、笹森さんの知人が手がけたりんご「ジョナゴールド」と
「シナノゴールド」を使った、ガスがたっぷりのタイプ。
春仕込みは、5種類のりんごを使った微発泡タイプ。
なかでも夏仕込みは、5種類の比率を変えて、笹森さんの理想に近い物に仕上がったといいます。

次のページ
笹森さんの繊細で美しい盛り付けも見所のひとつ

Page 2

ワークショップでは、笹森さんの繊細で美しい盛り付けも見どころのひとつ。
今回はサラダの盛り付け方ひとつで、おいしさが変わる体験を実感できます。
サラダを作ったら、とっておきのチーズとシードルで贅沢に酔いしれて。
さらに嬉しい自家製ブッラティーナチーズのお土産付き。

本場イタリアでの修行を経て、日本の地域で新しいかたちのイタリアンレストランを
営む笹森さんの思いと腕を、ぜひ堪能してください。
東京で笹森さんの料理を堪能できるまたとないチャンスなので、どうぞお見逃しなく。
お申込みは、こちらの応募フォームより。

■笹森通彰

青森県・弘前生まれ。専門学生時代、イタリア料理店のアルバイトがきっかけで、料理の道を志す。東京のトップクラスで3軒、本場イタリアで4軒の修行を経て、2003年に自給自足イタリアン「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」、2010年に自家製モッツァレッラチーズを100%使用したピッツァ専門店「ピッツェリア ダ・サスィーノ」をオープン。

information

map

インフォメーション

開催日時:2017年9月14日(木)15:30~17:30(15:00開場)

ゲスト講師:笹森通彰(オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ オーナーシェフ)

内容:自給自足レストランのお話と、自家製野菜、チーズ、シードル体験

会場:テラリウム表参道 3F

住所:東京都港区北青山3-8-5

参加費:3000円(お土産つき)

定員:12名

申し込み:応募フォーム

Recommend